シンゲッティのモスク ‐モーリタニア‐

Chinguetti Mosque ‐Mauritania‐

Chinguetti Mosque ‐Mauritania‐ Chinguetti Mosque ‐Mauritania‐ Chinguetti Mosque ‐Mauritania‐
Chinguetti Mosque ‐Mauritania‐ Chinguetti Mosque ‐Mauritania‐

モーリタニア


シンゲッティのモスク



西アフリカのアラブ国家で首都はヌアクショット

国名の由来は古代ベルベル人の国家名から

国土の9割が砂漠だが

近年海上油田が開発され経済は上向きつつある


モーリタニア北部のシンゲッティ地方にあるモスクです。

登頂にダチョウの卵を頂く事で有名

サハラの真ん中にあり、

イスラム文化と北アフリカ文化が融合した建築である。


本作品について

モスクは3Dプリンタで造形後

アクリルで塗装&ウェザリング

民族衣装の女性はプライザー製フィギュアを改造し

アクリル絵の具で塗装


SPECIAL THANKS

在日モーリタニア大使館 東京都品川区北品川5-17-5
砂漠のリアルムシキング モーリタニアでバッタの研究をなさっている
otokomaenoさんのブログ





authored by