【プレスリリース】
精密模型「1/1000 フィレンツェ大聖堂」発売


2013年12月24日発信
模型工房 ばーちゃわーるど
www.tokyovirtualworld.com


3Dプリンターを駆使した世界遺産模型を発売

3Dプリント品にレーザー加工品をマージし、最小200ミクロンのディテールを実現



世界遺産模型の「ばーちゃわーるど」(千葉県松戸市)は精密模型「1:1000 フィレンツェ大聖堂」を発売致します。 本製品は「家庭用3Dプリンターを用いて造形したパーツ」に「レーザー加工した精密パーツ」および 「光造形にて製造した超精密パーツ」を組み合わせる事で安価かつ精緻な微細なディテールの再現に成功しました。 (注: μmはmの100万分の1)。当商品はシリーズ化し約15種類の商品を発売予定。







製作方法詳細

1つの3次元データを3種類の異なる加工用に分割・変換





①本物に忠実に精緻な3次元データを作成(図1)

②3Dプリント用にアンダー形状、積層の向きを調整

③後工程の型抜き用にパーツ分割し抜きテーバを調整

④レーザー加工部分と3Dプリント部分にデータを分割

⑤レーザー部品との組合せ用にデータを微調整

⑥ ①~⑤により下記3種類のデータを作成

  1)3Dプリント(FDM)用のG-CODEファイル(図2)

  2)レーザー加工用のDXFファイル(図3)

  3)光造形用のSTLファイル(図4)

⑦ ⑥で生成した各ファイルを下記方法で加工。

 1)家庭用3Dプリンター(FDM)で加工
※家庭用3Dプリンターで使用するABS樹脂のコストは
   同量の光硬化樹脂の1/100程度と極めて安価です。


  2)業務用レーザー加工機で加工
   ※レーザー加工では(板状のものに限り)0.2mm程の幅のパーツを
   加工する事が可能です。面積当たりのコストは光造形の約1/10程度です。

  3)産業用ハイエンド光造形で出力
   ※家庭用3Dプリンターが出力できる制度は約0.8㎜程度であるのに対し、
   光造形は0.2mm程の幅のエッジを造形する事が可能です。

⑧ ⑦で作成したパーツをマージして原型を作成

⑨ ⑧の原型をそれぞれシリコンゴムで型取り

⑩ ⑨で製造した型を使用しエポキシ樹脂で複製

開発の詳細は 「1/1000フィレンツェ 開発秘話」もご覧下さい。





本商品の詳細

商品名
「1:1000 世界遺産シリーズ」
フィレンツェ大聖堂


「1:2400 世界遺産シリーズ」
フィレンツェ大聖堂







価格
塗装済み完成品
80,000円(税抜77,669円)


塗装済み完成品
10,000円(税抜9,532円)


未塗装キット
20,000円(税抜19,417円)
ワンフェス特価 10,000円(数量限定)


未塗装キット
2,500円(税抜2,380円)
ワンフェス特価 2,000円(数量限定)

発売日
2014年2月発売予定
2014年2月ワンダーフェスティバル2014(冬)にて先行発売

パーツ数
8パーツ


1パーツ

サイズ
縦142.8mm
横:88.8mm
高さ:104.4mm


縦:59.5mm
横:37.0mm
高さ:43.5mm

重量
約450g


約33g





模型工房 ばーちゃわーるど

・世界遺産模型の製造・販売
・イベント向け世界遺産模型の貸出
・3Dデータの作成
住所:千葉県松戸市日暮 6-5
広報担当者名:亀田 麗
TEL:047-389-7159
お問い合わせは下記フォームからどうぞ



authored by