03 ビザの取得いろいろ


シリアビザ@トルコ

シリアのビザを
イスタンブールのシリア大使館で
取得した際のエピソードです。

海外でビザを取得するのは初めてだったのですが
なんと英語が通じず大変苦労しました。

たまたまビザの申請にきていた方が
英語・トルコ語両方出来たので助かりました。

この人がいなかったらどうなっていた事か分かりません

たまたま英語を理解する職員が
不在だったのかもしれませんが
大使館なら英語くらい通じる という
考えは通用しない事を思い知りました。

現在シリアの情勢は非常に不安定なので
渡航はお控え下さい。


エジプトビザ@
イスラエル

エジプトのビザをエルサレムの
エジプト大使館で取得した際のエピソードです。

パスポートにイスラエルの入国スタンプがあると
ビザを発行してくれない国(シリアなど)
があります。

その為、シリアあたりでエジプトビザを取得すると
途中でイスラエルを通ることがばれて
面倒なことになるのが嫌でした。

エジプトは例外的にイスラエルと仲がよかったので、
イスラエルでビザを取得することができました。

ほかにキプロス→ギリシャ、キューバ→中南米 など
同様のケースがあるので
旅のルーティングは計画的に行いましょう♪


ラオスビザ@
カンボジア&ベトナム

ラオスのビザをプノンペンで
取得した際のエピソードです。

プノンペンで中国人経営の旅行代理店にお願いしました。
当時4日ほどかかったと思います。
片言の中国語を話すと、店主が喜んでくれて
手数料を少しまけてくれました。

ビザはすんなり取得できましたが
ベトナムから陸路入国には
ベトナム政府のパーミッションが別途必要でした。
これが非常に面倒で

ホーチミンの役所で半日がかりで申請したのですが、
私が出国を予定している「ドンハー」という町のパーミッションは
中部の「ダナン」という町でないと発行できないとの事。

おかげでホーチミン滞在は0泊1日となってしまいました。

陸路の出国&入国は
ビザ以外に必要な手続きを
きちんと把握しておきましょう♪


カザフスタンビザ
@日本

カザフスタンのビザの申請をしました。
※実際に申請したのは家内ですが・・・
その時のエピソードです。

旧ソ連圏の国はよくわからないルールがのこっています。

カザフスタンビザの申請には
推薦状(リコメンデーション)が必要です。
が、推薦状は自分で記入することが出来ます。

ロシアに行くときもリコメンデーションは必要でしたが
「自分で」書いたらリコメンデーションではないのでは・・・?

申請フォーマットは
大使館サイトからダウンロードできるのですが
新しいのだか古いのだかよく分からない国です。

しかも日本語が通じませんでした。

在日大使館へのビザ申請はよく行きましたが
日本語不可の大使館は初めてです・・・


ミャンマー強制両替
@ヤンゴン

以前、ミャンマーには強制両替という制度がありました。

ミャンマーに入国する外国人は
全員、US200ドル分の現金を
ミャンマーチャットに両替しなくてはならず、
逆の再両替は不可というものです。

私の様な貧乏旅行者にとって
ミャンマーで$200も使ってしまっては
後の工程に響きます…

強制両替カウンターには軍服姿の怖そうなおじさんが
にらみを利かせていましたが
私は全財産が$100しかないと言い張りました。

数分の押し問答の末、
日本からおやつに持参していた
グリコのイチゴポッキーを
係のおじさんにプレゼントする事で
$100の両替でOKしてもらいました


日本では考えられませんが、
海外では「ルール」というのは
この程度のものです。大抵…