118 カッティングプロッターと3Dプリンタのコラボ

カッティングプロッターと3Dプリンタのコラボ


前回のカッティングプロッターを試してみた2で紹介したシルエットカメオと

我が家の3Dプリンターとのコラボ作成を試してみました。

立体形状も難なく造形する3Dプリンターと

精度の高いエッジをきれいにカットするプロッターで

どの位のものが作れるでしょうか

- 2016/10/30:公開 -



作成物



作成するのはマルタ島のランドマーク「カーマライト教会」です。

美しいクーポラと壁面のディテールが象徴的な

模型泣かせの形状です♪





データ作成



まずはデータ作成です。

いずれ3Dプリント用のSTLと

カット用のDXFに分割しますが、

とりあえずはCADでサクサクモデリングします。

なるべく写真を正確に縮図するのがコツです。





データ分割



CADデータが出来たら

立体造形部分と、カット部分に分けます。

立体はなるべく曲面に限定し

高精度のパーツはカットに回すようにします。

また、この時造形後のやすり掛けがし易いように

立体部分のデータも分割しておきます。





立体部分出力



まずは時間のかかる3Dプリンタを出力します。

今回は積層0.3㎜で造形。

表面は荒くなりますが、

紙を貼付するので多少荒くても大丈夫





表面処理



この位の粗さになると

アセトンで溶解研磨すると

まるで寸法精度を保てないので

ポリパテで埋めて処理します。



ディテールパーツカット



建物の表面部分にあたるパーツです。

ケント紙で作成しました。

ケント紙なら1㎜位までは

失敗なくカットできるようになりました。

頑張れば0.5㎜位まで正確にカットできます。



貼付



3Dプリントしたパーツに カットしたパーツを貼付していきます。

1枚1枚丁寧にピンセットの作業~

ココからはいつもの模型作業です。



完成



球面部分のディテールは

マスキングテープで追加しました。

(家庭用)3Dプリンタだけでは

ここまでのディテールは出せませんねぇ~



サフ



実際のディテールはどの程度出ているのか

とりあえずサフ吹きしてみました。

塗装してみないとはっきりとは言えませんが

中々いい感じの出来だと思います。

スクラッチ模型の幅が広がりそうです♪


関連ページ


 ・【ジオラマの作り方 超入門♪】 ~ ジオラマの作り方の第一歩を簡単に解説してます。

 ・【模型に強くなる電動工具】 ~ 模型製作を便利にする電動工具のレビューです。

 ・【エアブラシ不向きの塗料】 ~ 様々な塗料とエアブラシの相性についての考察です。

 ・【超音波カッターの相性】 ~ 3Dプリンターと超音波カッターの相性についての検証です。

 ・【中華レーザー加工機奮闘記】 ~ 中華レーザー加工機を購入した際の記録です。

 ・【レーザーカッターを使ってみた】 ~ レーザーカッターでカットパーツを作ってみました。

 ・【家庭用カッティングマシーンを試してみた】 ~ シルエットカメオの使用レビューです。

 ・【カッティングマシーンを試してみた2】 ~ シルエットカメオの使用レビュー2です。





authored by