66 真空脱泡機の自作2


前回自作した真空脱泡機ですが、

  綺麗に気泡が抜けきらない時の

  成功率が非常に低い為

  更に改良を施しました。

前回の続きレビューです。

- 2014/02/01:公開 -




気泡あり


実際にやってみると

結構気泡が残っているブツがありました。

  「真空脱泡機」を使えば品質が上がるだろうと

  安易な考えが甘かった事をまず痛感します~




アクリル板


現在のデシゲータは市販の圧力なべなので

  中が見えません…

  なので気泡の抜け加減を

  勘で計るという大ざっぱなモノでした。

なので中が見えるように

  透明アクリル板を購入しました。

  購入はいつものはざいやさん

板厚20㎜で寸法はなべのサイズ、1か所穴開け加工で3200円程




再脱泡


再度脱泡を試してみました。

  ぶくぶくと沸騰しているのがよく見えます♪

  以前は30秒位で加圧していましたが、

  どうも1分半位は気泡が抜けきっていないようです。


  こんなに時間がかかるのか~




完成


今度は完璧な造形が出来ました。

  以前はこのレベルの抜きは10個に1個くらいでしたので

  やっと目標に届いた気がして感動です♪

  業者抜きにも負けない(?といいなぁ)

  少なくとも、目に見える気泡はありません。




シリコンシーラント追加


更に密封度を向上させる為

  パッキンとシリコンシーラントを追加しました。

多少蓋がずれていても

  空気漏れが発生しなくなりました。

注型時は手早く作業する必要があるので 意外と重要です♪




アクリル破損


パワーが安定してきたと思ったのもつかの間

  20㎜のアクリル蓋が割れてしまいました。

  厚みが足りないのか、。

  穴あけ加工が良くなかったのか

  真空パワーの怖さを思い知りました♪




アクリル変更


真空脱泡のパワーを思い知りまして

  20㎜の板圧を30㎜に変更し、

  穴あけ加工を止めて

  デシゲータから空気を抜くようにしました。

  30㎜のアクリルはかなりの重さと迫力があります。




おさらい


コンパクトな割にパワーがあるので
  結構気に入ってます♪
参考までに今回のブツの整理です♪

  ①真空ポンプ ヤフオクで17000円
※同じ物(新品)が12000円で売られていました。ショボン
  ②圧力なべ  ヤフオクで1000円
  ③アクリル板 はざいやで3200円(20㎜)
  〃アクリル板 はざいやで5900円(30mm)
  ④真空計   Monotarouで1400円
  ⑤ボールバルブ Monotarouで750円
  ⑥真空ホース Monotarouで2500円
  ⑦ゴムパッキン ホームセンターで270円
  ⑧シリコンシーラント ホームセンターで200円

  しめて26320円でした~♪
  ポンプを安く調達出来ればもっと安く済むはずです♪

関連ページ


 ・【透明レジンいろいろ】 ~ 透明レジンの比較レビューです。

 ・【ガレージキット用 加圧脱法機の自作】 ~ 総コスト3000円程度の加圧脱法機を自作してみました。

 ・【真空脱法機を自作してみた】 ~ 真空脱法機を自作してみました。



「66 真空脱泡機の自作2」は以上です。

<<   65 家庭用光造形機の比較  ||   67 3DプリンタAtomのメンテナンス >>

authored by