099 モンサンミシェルの作り方

モンサンミシェルの作り方


ワンフェス販売しました1/2400 モンサンミシェルが

大変ご好評いただきました。

僭越ながら、ばーちゃわーるど式の作り方を

ご紹介いたしますので、

よかったら参考にしてください♪

- 2015/08/08:公開 -



組立



修道院パーツには台となる遊び部分がありますので、

カッターとヤスリで除去し

島パーツと(瞬間接着剤で)接着します。


接着部分をパテ埋めして軽くサーフェイサーを吹きます。

ここまでは普通のプラモデルと同じです。


なおベースはアガチスプレートの15㎝を使用しています。


下地処理



全体にレジンプライマ-と吹いた後、

タミヤアクリルで下地を塗ります。

修道院→デザートイエロー

岩盤→フラットブラウン

屋根→フラットブルー&スカイグレイ



一次塗装



少し夏っぽくするために

少々ターフをふりました(※写真の緑の部分)


ベースはワシンのポアステイン(マホガニー)と

水性ニスで塗装しています。


屋根部分は薄めたフラットブルーで再度塗装。

また全体にジェッソで薄くドライブラシをかけています。



汚し塗装



樹木・ブッシュ部分にフラットグリーンを載せた後

Mr.ウェザリングカラー(グランドブラウン)で

全体のウォッシングをかけています。

※ウェザリングカラーはテレピン油で50%に薄めたもの

凹凸の凸部分の塗料は良く落とすのがコツです♪





仕上げ塗装



一次塗装~汚し塗装を3回くらい

(※気に入るまで)繰り返してから

仕上げの油彩塗装に入ります。

アクリルより少々明度・再度が深い色を選んで

各箇所の下半分だけ油彩(ホルべイン)を載せます。

屋根部分→
町並み→
樹木部分→

また陸地は大まかに軽量紙粘土で成形した後

モーリン社のリアルサンドをふります。



地面下地



ペースにマスキングした後、

陸地はデザートイエロー→パフ

海はフラットブルー→クリアーウルトラマリンブルー

で塗装しています。

この時あえてムラができるようにふるのがコツです。



海面作成



塗料が乾いたら

海面部分にうすくグロスポリマーメディウムを塗って、

乾燥後、ジェルメディウムで細かい波面を作成します。


陸地部分はジェッソでドライブラシをかけておきます。



海面塗装



メディウムが乾いたら

波頭部分はジェッソのドライブラシをうすーくかけて

彩度の低い部分は薄めた油彩でコントラストを調整します。




完成♪




あとは上記の手順を納得がいくまで繰り替えして

最後にピグメントを少々載せて完成~♪


今回は油彩が半がわきで載せたので

1週間くらいの工程ですが、

普段はしっかり乾燥させてから載せるので

2週間程度かけて仕上げています♪


関連ページ


 ・【ジオラマの作り方 超入門♪】 ~ ジオラマの作り方の第一歩を簡単に解説してます。

 ・【ジオラマベースの作り方】 ~ ぎんなん型トリマーで面取りするベースの作成方法です。

 ・【ネームプレートの作り方】 ~ ジオラマ用ネームプレートの作り方です。

 ・【ネームプレート取付】 ~ ネームプレートをベースに取り付ける方法の紹介です。

 ・【尿素で樹木を造る】 ~ 尿素の結晶を利用した針葉樹の作成方法です。

 ・【ヤシの葉の作り方いろいろ】 ~ ヤシの葉の表現方法をいろいろ検証しました。

 ・【樹木の作成例 】 ~ 様々な素材で樹木の出来を比較してみました。

 ・【錆の表現方法】 ~ 錆の表現方法のご紹介です。

 ・【グラスマスター(芝作成機)を自作してみた】 ~ リアルな芝を製作するグラスマスターというツールを自作してみました。



「99 モンサンミシェルの作り方」は以上です。

<<   98 日本国土地図の3Dプリント  ||   100 第四回浜松ジオラマグランプリ出展作一覧 >>

authored by