091 ボンサイラボ製BuildTakを試してみた

ボンサイラボ製BuildTakを試してみた


ABSの定着率が驚異的に向上し

ヒートベッドなしでABSが使えるという

夢のようなシートがボンサイラボから発売されました。

早速使い勝手をレビューです♪

- 2015/02/28:公開 -



ブツ


ブツはこちら13.7㎝×19.0㎝で1000円

ボンサイラボさんのHPで売っています。

BS01のテーブルに合わせたサイズなので、
少々カットして使います♪




テーブル加熱なし


まずはベッドの加熱なしで造形~♪

1層目から見事に反ってます!

防温カバーもなしで冬の外気状態での造形テストですが、

かなり無理がありそう…



油除去


シート表面に油脂がついちゃったかしら~

と思ってアセトンで表面を吹いて脂分を除去しました。

結果は変わらず…

ちなみにこのシートは有機溶剤で拭いてはダメだそうなので

ご注意ください…



90度加熱


何度か試しましたが非加熱はあきらめて

90度加熱でやってみました。


8㎜位までは持ったのですが、

最後ははがれてしまいました。

シート自体が沿って、加熱がちゃんと伝わっていないようです。



110度加熱


シートをテーブルにぴったりくっつけて

設定温度を110度でやってみました。


3層目までは持ったのですが、

また反りだしました

ちなみにキャリブレーションは

手動職人技です(笑)



完全防寒


通常の造形と同じように

(ABSが反りにくい様)完全防寒で造形しました。


こちらは完璧♪

この条件ならカプトンテープと同じです。



BuildTak感想


まだ数個しか造形していないのでこれまでの感想ですが、

・ヒートベッドなしでABSを作るのはまず無理

・造形物はとてもはがしやすい

・固着力はカプトンテープより少々強いくらいか…

・カプトンほど傷やシワができにくいので交換作業が軽減できる。

といったところでしょうか…


しばらくカプトンの代わりにBuildTakを使ってみることにします~♪


関連ページ


 ・【3Dプリンタ失敗例】 ~ 3Dプリンター造形失敗例と原因と対策を公開しています。

 ・【3Dプリンタトラブルシューティング】 ~ 3Dプリンタートラブル時の修理対応について公開しています。

 ・【Skeinforgeのパラメータ】 ~ 膨大なSkeinforgeのパラメータについて自分で検証した分だけ公開しています。

 ・【Slic3rの設定】 ~ Slic3rの設定項目について説明を公開しています。

 ・【3Dプリントの為のG-CODE】 ~ スライスソフトで生成されるG-Codeについて説明を公開しています。

 ・【ABS樹脂の特性と反り対策】 ~ ABSを使用する際の注意点とテクニックを紹介しています。

 ・【3Dプリンターのメンテナンス】 ~ 3Dプリンターを快適に使う為のメンテナンス方法を紹介しています。

 ・【Atom3Dプリンターの小ネタ】 ~ 3DプリンターAtom用TIPSです。



「91 ボンサイラボ製BuildTakを試してみた」は以上です。

<<   90 立体写真を作ってみた(CURA使用)   ||   92 DMMの3Dプリントを試してみた >>

authored by