088 ディアゴスティーニの週刊「マイ3Dプリンター」を検証してみた。

ディアゴスティーニの週刊「マイ3Dプリンター」を検証してみた。


ディアゴスティーニ社が週刊「マイ3Dプリンター」という雑誌を創刊しました。

毎週3Dプリンターのパーツ付録つきで

約1年で完成するというものです。

面白そうなので創刊号を購入してみました。

「検証」といっても完成実機がある訳ではないので、

創刊号とカタログを見ての率直な感想です♪

- 2015/1/18:公開 -




お値段


創刊号999円+各号1998円×54回=¥108,891

家庭用3Dプリンターとしては
大体平均的な所だと思います。
(あくまで2015/1現在)

ちなみにウチの1号機(Solidoodle2)が$499
2号機(Genkei社Atom)が¥129,800

メジャー品で安いのは台湾XYZPrinting社の
ダヴィンチの¥69,800あたりが最安だと思います。




カタログ性能


マイ3Dプリンター(機種名:idbox)の設計元の
ボンサイラボさんの製品と比較してみました。

機種idboxBS01(シングル/組立)
総コスト\108.891\89,800
本体サイズ(mm)250*250*275250*250*275
重さ(Kg)55.4
造形サイズ(mm)150*130*100150*130*100
ノズル径(mm)0.40.4(0.2~0.5㎜変更可)
積層ピッチ(mm)0.10.1推奨
造形スピード(mm/s)100100
対応フィラメントPLA,ABS(1.75mm)PLA,ABS(1.75mm)


カタログ的には同じ性能と考えてよさそうです。




本の内容


「マイ3Dプリンター」は機械だけでなく
本がついているのが特徴です。
(正確には逆…)

本の内容は良くできていて、
①パーツ組立説明書
②3Dプリンターの説明
③3Dデータ作成のチュートリアル
となっていました。

3Dプリンターが組みあがる頃には
構造が理解でき自分でメンテできる
3Dデータが自作できる 様にできています。




筐体について


特徴は透明アクリルで
全体サイズの割に造形エリアが大き目の設計です。
実機がないので推測ですが

【メリット】
・造形エリアがガードされているので温度管理がし易い。
→特許は大丈夫のかな…

・筐体が透明なので造形中のチェックがし易い。
→経験上、これは重宝すると思います。

・サイズの割に軽い
→移動する機会は少ないですが一応。

【デメリット】
・剛性が低い。
→推測ですが頻繁にネジが緩むと思われます。

・割れ易い。
→アクリルは高いので割れるとイタい…

・内部のメンテナンスが大変そう。
→造形エリア以外が狭いので、メンテの際は器用さが必要そう




ノズルについて


ノズルは結構消耗品なので、
完成後の交換&入手性は重要です。

写真では判別できないのですが、
BS01と同じとするとおそらく真鍮のM5サイズと思われます。

ボンサイラボさんのページや
イーベイあたりで0.2~0.5㎜ノズルは安く手に入ります。




ベッドについて


カタログを見る限りヒーテッドベッドは実装していないようです。

みなさん色々工夫してますが、
相当なスキルが無い限りヒーテッドベッドなしで
ABS出力は厳しい
と思います。
PLAを使う人以外は
ヒーテッドベッドの自作を考えた方がよいかも…

「3Dプリンター専用シート」という物はのがあるそうですが、
どうなんだろう~そのうち試してみます。





積層ピッチについて


3Dプリンターの性能を計る際に
よく「積層ピッチ」が引き合いに出されますが
実は大した問題ではありません。

積層ピッチをいくつにするかは
STLのスライスの際に設定できますし、
結局、ステッピングモーターを何分の1刻みで
回転させることができるかだけの問題です。

目安としてはカタログ上で0.1~0.2程度なら個人向けには十分です。




造形スピードについて


こちらもデータをスライスする際に設定できるので
ハード上のスペックはあまり問題ありません。

早くすれば品質が劣化しやすいし、
品質を求めるならヘッドスピードは遅くします。

参考までに私は大体40㎜/s前後で造形する事が多いです。




フィラメントについて


BS01と同じく1.75㎜の汎用フィラメントが使えるようです。
コストについてはこちらを参照下さい。

3DシステムズのCubeシリーズのように
高価な専用カートリッジではないですね(笑)




ソフトウェアについて


Repetier Host(idbox!カスタマイズ版)が使えるようなので

STLのスライスも汎用ソフトが使えるはずです。
使いこなせばそれなりの品質は出せそうです。




感想


という訳で、「マイ3Dプリンター」と
普通の3Dプリンターとどちらがよいか
個人的な感想です。

【マイ3Dプリンターが向いている人】
・3Dプリンターの構造を学びたい。
→解説は詳しいので知識は身につくと思います。

・完成後、自分でメンテナンスしたい。
→自分で組み立てるので当然メンテできるようになります。

・データも自分で作れるようになりたい。
→CADのチュートリアルもついているので並行して学べます。

・一気にコストをかけられない。
→毎週2000円の分割みたいなものですから…

【普通の3Dプリンターが向いている人】
・早く欲しい。
→完成まで1年は結構長いです。。

・とにかく安く上げたい。
→単に機器だけ欲しいなら単品の方が安く済みます。

・3Dプリンター&CADの知識は十分ある。
→今更勉強不要の方は、ブツだけ購入すればよいかと思います。

「マイ3Dプリンター」は
3Dプリンターの通信教育みたいなものですので
勉強する気があるかどうか、
1年待てるかどうかが判断基準になると思います。


関連ページ


 ・【家庭用3Dプリンターとは】 ~ 家庭用3Dプリンターの解説と種類を紹介しています。

 ・【3Dプリンターの種類】 ~ 3Dプリンターの種類を紹介しています。

 ・【3Dプリンターを使ってみた】 ~ 3Dプリンターを初めて使った記録です。

 ・【3Dプリンターの歴史】 ~ 意外と古い3Dプリンターの歴史です。

 ・【3Dプリンター用語集】 ~ 専門用語が多くて分かりにくい3Dプリンタ関連の用語をまとめました。

 ・【3Dプリンタ作品集】 ~ 3Dプリンターで実際に造形した物の写真を公開しています。

 ・【3Dプリンター製サマルカンド】 ~ 当ページで製作したジオラマの完成写真を公開しています。

 ・【RepRap Japan開催模様】 ~ 3Dプリンターマニアの集まりRepRap Japanの開催模様です。



「88 ディアゴスティーニの週刊「マイ3Dプリンター」を検証してみた。」は以上です。

<<   87 排気ダクトの表現   ||   89 89 Kisslicerの解説本レビュー >>

authored by