082 スライスソフト XYZwareを使ってみた

スライスソフト XYZwareを使ってみた


ダヴィンチ用の専用スライスソフトがフリーで使えると聞いたので、

試しに使ってみました。

ネットで見る限りイケてるスライスデータを吐き出すみたいですが、

実際どうなんでしょう~


※ダウンロードはこちら(XYZprinting)のページです

- 2014/09/13:公開 -




XYZwareトップ画面


XYZwareを起動した画面です。

アイコンがごちゃごちゃしてますが、

左側はデータを動かすだけなので、

実際に覚える事はほとんどないです♪




【印刷する】


スライスの設定は

すべてエクスポート画面から行います。



機種を選択するプルダウンですが、

全部ダヴィンチ♪

とりあえず1.0を選択しときます。




【品質】


そのものずばり過ぎて

具体的に何を設定するのか見当もつきませんが、

ここは「非常に良い」を選択しておきます。




※各パラメータ毎に

生成G-CODEのDIFFを取れば解析できると思いますが、

面倒くさいのですみません





【3D密度】


KisslicerやSlic3rで言うところの

INFILL値です。


ここだけ細かく設定できますが

とりあえず25%くらいでいっときます。






【シェル】


外角の厚み、だと思います…

KisslicerのNumber Of Loops、

SlicerのPerimeterが近いかな


単位がmmなのかループ回数なのか

全然わかりません~

とりあえず「普通」にしとこうかな




【レイヤの高さ】


積層ピッチです。


最低0.1㎜というのもさみしいですが、

0.1㎜刻みでしか設定できないのも物足りないですねぇ


とりあえず「0.1㎜」で行きたいと思います。




【速度】


これまたえらいざっくりした設定デス。


外角とサポート&中空部分で

速度調整してくれるのかなぁ~


とりあえず品質重視で「低速」で…




【サポートの密度】


これもどの程度の割合になるのか

見当がつかないので

「中」にしておこうかな♪




スライス実行


上記の設定でスライスしてみた所、

できたコードが3wという拡張子・・・?

開いてみると、なんじゃこりゃバイナリ?

Repetier-Hostでは読み込めませんでした。

う~ん

逆のパターンは チャレンジしている方がいましたが、

そこまで頑張ってXYZwareを使用する理由もないかなぁ…

という訳で、一旦このツールの検証は保留しま~す。

期待してくださった方、スミマセン…


関連ページ


 ・【3次元データの作り方】 ~ Sketchupでの3Dデータの作り方を公開しています。

 ・【3Dデータの補正】 ~ 3Dデータにエラーがある場合の修正方法の紹介です。

 ・【3Dプリンターって本当に簡単なの?2(3次元データ編)】 ~ 3Dデータ作成方法の概要です。

 ・【3Dデータ一覧】 ~ 当サイトのオリジナル3Dデータを公開しています。

 ・【3Dプリント造形品の積層面処理】 ~ ABSの表面をアセトン処理する方法を紹介しています。

 ・【3Dプリント造形品の表面処理】 ~ 造形品のやすり&塗装など後加工について紹介しています。

 ・【写真を3Dデータ化してみた】 ~ AutoDesk123Catchで写真を3Dデータ化してみたレビューです。。

 ・【粘土細工っぽい3D-CAD】 ~ 粘土細工のようにモデリング出来る3D-CAD「Scruptris」を使ってみたレビューです。

 ・【3Dプリントの表面処理 その2】 ~ エポパテを使用したPLAの表面処理の検証です。



「82 スライスソフト XYZwareを使ってみた」は以上です。

<<   81 ハンディー3Dスキャナ3D SENSEを使ってみた  ||   83 レーザーカッターを使ってみた >>

authored by