081 ハンディー3Dスキャナ3D SENSEを使ってみた

ハンディー3DスキャナSENSE 3Dを使ってみた


RepRap Jpanaの 丸猫さんが

家庭用3Dスキャナーを貸してくれたので

早速使ってみました♪


ネットでは使いこなすのは熟練が必要~ と書かれてましたが

実際どんなもんだったかご紹介します♪

- 2014/09/07:公開 -




SENSE 3D


こちらがお借りしたハンディータイプの3Dスキャナー


自分フィギュアを作ってみた」でも登場した

SENSE 3D、定価55000円の品♪







インストールしたスキャンソフトを起動すると、

こんな画面になります♪

ここでは「Person」(人物)を選択します。







次は人物の全体像を撮るか

顔だけ撮るかを選びます。

今回は「顔だけ」を選択します。







「SCAN」をクリックすると

カウントダウンが始まるので

スキャナーを持って準備します♪







こんな感じで

スキャナーを持って対象の周りをぐるっと一周します。

写真は娘に私のスキャンをして貰っている所♪







(上の作業風景とは違いますが)

こんな感じで3Dデータが生成されます。

これは特にきれいに撮れてますが、

頭や肩のデータが一部欠落したりします。







「Solidfy」をクリックすると、

欠落部分はソフトが自動で埋めてくれます。

余分な個所は手動でトリムすることもできます。







あとは「STL」形式で保存するだけ~






これで何と
面が完全に閉じたSTLが完成しちゃいます~

あとは3Dプリンターで出すだけ!


昔は欠落面に面を張るだけで
何時間もかかったものですが、
時代が変わったものです~

関連ページ


 ・【3次元データの作り方】 ~ Sketchupでの3Dデータの作り方を公開しています。

 ・【3Dデータの補正】 ~ 3Dデータにエラーがある場合の修正方法の紹介です。

 ・【3Dプリンターって本当に簡単なの?2(3次元データ編)】 ~ 3Dデータ作成方法の概要です。

 ・【3Dデータ一覧】 ~ 当サイトのオリジナル3Dデータを公開しています。

 ・【3Dプリント造形品の積層面処理】 ~ ABSの表面をアセトン処理する方法を紹介しています。

 ・【3Dプリント造形品の表面処理】 ~ 造形品のやすり&塗装など後加工について紹介しています。

 ・【写真を3Dデータ化してみた】 ~ AutoDesk123Catchで写真を3Dデータ化してみたレビューです。。

 ・【粘土細工っぽい3D-CAD】 ~ 粘土細工のようにモデリング出来る3D-CAD「Scruptris」を使ってみたレビューです。

 ・【3Dプリントの表面処理 その2】 ~ エポパテを使用したPLAの表面処理の検証です。



「81 ハンディー3Dスキャナ3D SENSEを使ってみた」は以上です。

<<   80 家庭用光造形機 Form1の精度を検証してみた   ||   82 スライスソフト XYZwareを使ってみた >>

authored by