079 自分フィギュアを作ってみた

自分フィギュアを作ってみた


前回APISTEC社のささりゅ~さんに

自分のスキャンデータを頂きましたので

早速作ってみました。


自分の分身を自在に作れれば、

いろんな楽しみ方がありますね♪


- 2014/08/20:公開 -




まずはスキャン


こんな感じでぐるっと一周スキャンします。

じっくりデータを取得しながら

大体5分くらいの作業でした~


これも結構スキルがいるようで

何度も反復しながらデータを補正されてました♪

いずれ「3Dスキャン道」のレビューもやりたい!


使用した機種はこちら(SENSE 3D)です。




STLデータ


スキャンしただけのデータだと

Solidが穴だらけでプリントできないので

データ補正が必要なのですが、

今回は付属ソフトで自動補正してもらいました。


細かい設定はさておき、

とりあえずプリントできる状態になったSTLです。




出力


我が家のAtom君で出力してみました。


いつものようにKisslicerでスライスするのですが。

うちのPCのスペックだとフリーズする事何度か…


しょうがないので今回は積層を0.1㎜、

高さを5㎝のサイズでスライスすることにしました。

ヘッダスピードを35mm/sと高速で造形~

2時間程度の造形です。

約1/12スケールですね。




造形完了


普段はエッジをきれいに出すのに尽力しているのでHSは落としてますが、

今回のはエッジはあまり重要じゃないので

スピードあげてもさほど品質は落ちません。

積層痕は後で処理します♪


材質はABSですが、今回はアセトンを使わず

エポパテ隙間梅方式で行きます~楽なので…

写真は30分くらいヤスってサフったところ♪




表面処理


ラッカー&エナメルでざっくり塗装してみました。

私の塗装技術が未熟なことはともかく、

全自動で作ったにしてはまあまあ似てるとの評判です(笑)

これをベースにちゃんとパテ修正すれば

自分が登場するジオラマも簡単に作れますね♪


ちなみに石膏フィギュアなら¥10,000以下で出せるみたいです~

ヨカラボ天神さんのサイト


関連ページ


 ・【3次元データの作り方】 ~ Sketchupでの3Dデータの作り方を公開しています。

 ・【3Dデータの補正】 ~ 3Dデータにエラーがある場合の修正方法の紹介です。

 ・【3Dプリンターって本当に簡単なの?2(3次元データ編)】 ~ 3Dデータ作成方法の概要です。

 ・【3Dデータ一覧】 ~ 当サイトのオリジナル3Dデータを公開しています。

 ・【3Dプリント造形品の積層面処理】 ~ ABSの表面をアセトン処理する方法を紹介しています。

 ・【3Dプリント造形品の表面処理】 ~ 造形品のやすり&塗装など後加工について紹介しています。

 ・【写真を3Dデータ化してみた】 ~ AutoDesk123Catchで写真を3Dデータ化してみたレビューです。。

 ・【粘土細工っぽい3D-CAD】 ~ 粘土細工のようにモデリング出来る3D-CAD「Scruptris」を使ってみたレビューです。

 ・【3Dプリントの表面処理 その2】 ~ エポパテを使用したPLAの表面処理の検証です。



「79 自分フィギュアを作ってみた」は以上です。

<<   78 RepRap Japan開催模様   ||   80 家庭用光造形機 Form1の精度を検証してみた >>

authored by