069 精密模型の塗装方法の検証

精密模型の塗装方法検証


3Dプリンターの再現力も大分分かってきました。

最終的に凹凸で再現しにくい形状や、
再現可能な最小幅を相当に考慮して

童友社さんのキットでも有名な
ドイツのノイシュバンシュタイン城を作成しました♪

初めから3Dプリンターの精度・特製を意識してデータを作成しただけあって

我ながら完璧な形状が出来ました♪

問題は私の拙い技術で塗装できるか? という点です…

- 2014/03/29:公開 -




洗浄


今回作成した1/2400 ノイシュバンシュタイン城は

最小0.2㎜の窓を持つ、高難度塗装キットです。


ガレージキットなので

とりあえず超音波洗浄機で離型剤を落とします。




下地処理


サフを吹くとあっという間にディテールを埋めてしまうので

サフは省略する事にしました。


下地処理用にベースホワイトだけ薄めに吹きます。


これも缶で吹いてしまうと加減が難しいので、

ビンのをエアブラシで少しずつ吹きます。




単にスミイレで塗装してみました


まずは薄めたエナメル(黒)で

ウォッシング&スミイレしてみました。


細かいディテールを塗る時の定番の方法なのですが

ちょっとでもはみ出すと

シミが目立ってしまい壁が不自然に汚くなってしまいました。


また、表面の黒を落とそうとすると

下地の白まで剥がれる事があるので

注意&根気のいる作業です。




竹串塗


同じくエナメル(黒)でウォッシング後、

窓の凹凸は竹串で筆塗してみました。


外殻の窓部分は結構綺麗に塗装出来ましたが、

場内の庭園周りの細かい部分がイマイチです。


また、ウォッシングのシミが

汚く残ってしまいました。


窓部分を綺麗に塗り分ける工夫が必要そうです…




グロス&コピック


はみ出したエナメルを綺麗に落とせるようにする為、

  一旦グロス化した上でウォッシング&スミイレしてみました。

そのままスミイレよりは大分マシになりました。


アルコール系のコピックモデラー0.03㎜で

窓部分をなぞってみました。

はみ出す事もなく割と綺麗に塗れるのですが、

エッジの一番へこんだ部分に

ペン先が届いていないケースがあります。




アクリル絵具


水で落とせる事、粘度を調整できる事 から

  アクリル絵具で窓をスミイレしてみました。


はみ出した時は水で落とせるので、

  下地の白を剥がす事無く余分な汚れを落とせました♪


  壁部分の汚しは大分自然になりました。


  但し濃度の調節が難しく、

  窓自体の黒にムラが出来てしまいます。





コピック0.03㎜


城壁の内側の窓がどうしても綺麗に塗り分けられない為、

  パーツを2パーツに分割しました。

  写真はウォッシングなしでコピックで窓を塗ってみた状態です。

  窓の塗分けはだいぶ良くなりましたが、

  凹凸のディテールを引き立たせる為には

  何らかのウォッシングはあった方がよさそうです。




コピックマルチライナーSP


窓の塗分けはコピックが一番うまくいきそうなので 少々お高いコピックのSPを試してみました。


  コピックモデラーと同じ太さなのですが、

  インクの流動性がわずかに良くて

  繰り返しなぞっているとエッジの凹部分にも

インクをいきわたらせる事が出来ました。


  単に上記のコピックモデラーが

古くなっていたためかもしれません。




アクリル絵の具ウォッシング追加


アクリル絵の具のウォッシングは

  グロス面が殆どの塗料をはじくので

  ごくわずかを残して殆ど残りません。

  これはこれで良いのですが、

  よくよく見ると、はじかれて残った部分が

波紋の様な模様に滲んでいます。

  これは美しくない…



完成


いろいろ試した結果、

  ・中性洗剤&超音波洗浄機で洗浄

  ・サフはなし

・下地はプラサフ(但しエアブラシで薄めに)

  ・ラッカークリアーでウォッシング用にトップコート処理(但しエアブラシで薄めに)

  ・エナメル黒でウォッシング(かなり薄めに)

  ・窓部分はコピックマルチライナーSP(0.03mm)できっちり塗り分ける。

  がよさそうです。


関連ページ


 ・【透明レジンいろいろ】 ~ 透明レジンの比較レビューです。

 ・【ガレージキット用 加圧脱法機の自作】 ~ 総コスト3000円程度の加圧脱法機を自作してみました。

 ・【真空脱法機を自作してみた】 ~ 真空脱法機を自作してみました。



「69 精密模型の塗装」は以上です。

<<   68 Atomトラブル2  ||   70 デブコンETのプチ検証 >>

authored by