63 ガレージキット用加圧脱法機の自作


レジンキャストの気泡がどうしてもうまくいかず、

さりとて真空脱法機を書くお金もなく…

しょうが無いので、

加圧脱法機を自作してみました。

  作り方と、結果をご紹介します。

- 2013/12/07:公開 -




圧力なべ


ネットの情報を参考に、材料を調達しました。


4.5Lの家庭用「圧力なべ」です。

ヤフオクで1000円で購入しました。


圧力ピンを取り除いて、

空気入れ接続用に口をリューターで削ります。




リューター


自転車用チューブの口が入るまで

  リューターで口をあけました。


  金やすりでも削れますが

  アルミを削るのはかなりの重労働になります。

  エンドミルがおシャカになる覚悟で

  リューターで削っちゃいました。




シリコンシーラント


自転車チューブの口を裏からはめて、

  空気が漏れない様にシリコンで固めます。


  写真のは「ほっぺちゃん」自作用に購入した

  シリコンシーラント(約300円)です。




固定


空気が漏れない様にたっぷりと固着させます。

シリコンはあっという間に固まりますが、

念の為30分ほど放置~♪、




完成


シリコンが固まったら完成♪デス。

かなりの圧力がかかるので、

シリコンは多めに塗った方が良いデス。




空気入れ


使い方は簡単で、2液混合したら圧力なべにいれて、

空気をシュポシュポ入れるだけです。


レジンが固まらないうちに手早く作業する事と

空気入れ作業時にうっかりレジンを倒してしまわない様

  注意が必要です。




完成


加圧脱法した完成品はこちら。

普通に見る限り全く気泡は見当たりません。

実は真空脱法機のように

完全に気泡を抜き切る事はできませんが、

1㎜の気泡を0.1mmにする事が出来ます。


但し、パーツ1個毎に空気入れを行うという

ハードワークが必要になります(笑)

お金のない人は是非一度試してみて下さい♪


関連ページ


 ・【透明レジンいろいろ】 ~ 透明レジンの比較レビューです。



「63 ガレージキット用加圧脱法機の自作」は以上です。

<<   62 scluptrisデータの3Dプリント  ||   64 真空脱法機を自作してみた >>

authored by