62 scluptrisデータの3Dプリント


以前にご紹介したScruptris

私は全く使いこなせないのですが、

  プロ級のデータを拝借したので

  試しにAtom2号で出力してみました。


いつもの世界遺産模型と違って

  有機形状を綺麗に出すにはまた違った観点が必要みたいです♪


- 2013/12/07:公開 -




頂戴したSTL


見ての通りバットマンヘッドです。

頬骨の張り具合といい

眼球周りの形状といい

  完全にプロの作品です♪


  データとしては高さがなぜか4㎜だったのと、

  エラーはないのですがSolidがなぜか4つと認識されているのが

  ちょっと気になりますが、とりあえずやってみます♪




スライス後2


上記の造形は早々に失敗してしまい、

  高さ6cm、積層0.2mmに再調整してリベンジです。


  今度は約4時間程度で終わりそう♪




造形品(正面)


4時間後に出来たブツがこちら。



  目、口周りのモールドが詰まった感じがしますねぇ。

6㎝というとプラカラー程度の大きさで結構小さいです。


  このサイズだと再現は厳しいのかな…



造形品(右側面)


造形品(左側面)

頬と額部分に変な欠損が生じています。

こういう症状は出た事ないなぁ~


どこで変な事になっているのか調べてみる事にしました。


  ①STLデータ自体に不具合が内在されている。

  ②STLデータをG-CODEに変換する際に不具合が混入された

  ③G-CODEは正常だが造形時に品質劣化が発生した。
(ハードウェアの問題)


  のいずれに原因があるかの観点です♪




G-Code


G-Codeを見ると

既に変な欠損がクッキリ表示されています。


  少なくとも③が原因でない事は分かりました。




STL

メッシュ表示


STLを見ると

少なくとも見た目には綺麗に面が張れていそうです。


メッシュ表示でも確認しましたが問題はなさそうです。


これで(絶対とは言えませんが)

①が原因でもないと思われます。



上記を前提に、スライスソフト(Kisslicer)のパラメータをいろいろいじってみたのですが、

この欠損部分は必ず発生しました。


推測ですが、4㎜のSTLをG-Code生成時に強引に10Cmに拡大しているので

その際に微小なエッジが変に拡大される事があるかもしれません。


いずれにせよSTLデータは造形したいサイズ通りで作った方がよさそうですね。




エッジ部のモールド1


もう一点、ディテールのエッジが変につぶれています。


ABSが溶けてモールドが埋まる事はありますが、

今回のは明らかにG-Codeが生成しているように見えます。


G-Codeを見るとサポート材が邪魔で

どうなっているか見えないので

STLを確認しました。


この辺はやけにエッジが立っていますね。



エッジ部のモールド2

メッシュ表示


更にアップ!この表示だと分かりにくいのですが、

微細に面が閉じていない様に見えます。


また、メッシュ表示にすると

この辺はものすごい精緻データで

スライスソフトが正しく処理しきれなかったっぽいですね。



FDM形式の3Dプリンターは

STLデータをスライスするというハードワークが発生します。

高精度データは少々精度を落とさないと

  うまく処理できない事がありそうですね。

  そもそもFDMではそれほど高精度は再現できませんし…



リベンジVer2

G-Code

上記を踏まえて、
Kisslicerのパラメータを変更して造形したのがこちらです。

  変更点は

skin thicknes .8 > .6 (曲面の内部補強の厚み)
Num of roop 4 > 3 (外郭面構成時のループ数)
Layer Thick 0.2 > 0.15 (積層ピッチ)
Height 60 > 80 (高さ)


ちなみにSlic3rでスライスしようとしたらクラッシュしました(笑)


残念ながら、昨晩と同じ箇所が美しく造形出来ていませんでした・・・

G-Code上も表面が乱れていました。



G-Code

  少々データの精度を落として、

下記パラメータで再度造形中~

Extrusion Width 0.4 > 0.15
(外郭生成時の1ラインあたりの幅)

Layer Thick 0.2 > 0.15 (積層ピッチ)

G-Codeを見る限り品質は向上しているようです。



  Extrusion Widthの値は曲面表面の品質に影響大きそうですねぇ

  こいつの精度を上げると積層ピッチも上げないといけないので

  時間は非常にかかってしましますが

  品質向上には良さそうです。



リベンジVer3

  出来上がったのがこちら~

  上記の欠損と目・口周りのモールドは直ったのですが、

  割れがひどくなってしまいました…

  積層を薄くしたので、

  固着力が弱まってABSの収縮の影響をモロ受けた為と思われます。

  対応として考えられるのは

  造形エリアの温度を維持できる様、ガードする。

  射出係数(Flow Tweak)を上げて樹脂量を増やしてみる

(やりすぎるとダマになりますが)

  ノズルの温度を上げて固着力を強化する。

  って所でしょうか…

  とりあえず、データの不具合は解決手段が見つかりましたので、

  一旦完了としたいと思います♪

  冬場のABS収縮はまだまだ工夫が要りそうですねぇ~


関連ページ


 ・【粘土細工っぽい3D-CAD】 ~ 粘土細工のようにモデリング出来る3D-CAD「Scrupture」を使ってみたレビューです。

 ・【3Dプリント造形品の積層面処理】 ~ ABSの表面をアセトン処理する方法を紹介しています。

 ・【3Dプリント造形品の表面処理】 ~ 造形品のやすり&塗装など後加工について紹介しています。

 ・【3Dデータの補正】 ~ 3Dデータにエラーがある場合の修正方法の紹介です。

 ・【3Dプリンタ失敗例】 ~ 3Dプリンター造形失敗例と原因と対策を公開しています。



「62 scluptrisデータの3Dプリント」は以上です。

<<   61 ガレキを安く大量に作る  ||   63 ガレージキット用 加圧脱法機の自作 >>

authored by