049 粘度細工っぽい3D-CAD


直線や、正確な寸法に強いSketchupですが

生物や曲面の生成は苦手です。


Sketchupとはかなり対極的な

Scriptrisというソフトを使ってみました。

- 2013/09/07:公開 -




Sculptris




ダウンロードはこちらのページから


 このツールもフリーで使用できます。

 Zbrushという高価なツールの入門編だそうです。


 入門編といってもかなり高機能なツールです♪

 こんなソフトがフリーで使えるとは…

 すごい時代になったものです~



粘土細工?




押したりつまんだりしてモデリング

私の知るCADとは別次元の作業です(笑)


何やら得体のしれない物体になってしましました。

作りたかったのはアンコールトム寺院の仏塔です、

念の為



Meshlabで変換




SculptrisではSTL化は出来ないので、

一旦Objファイルでエクスポート後

MeshrabでSTL化します。


見る限りは

モデリング通りに変換できているっぽいですね



Minimagicでチェック



MinimagicでSTLのエラーチェックです。


  すごいっ!

  1発でエラーなしです。

  使いなれたSketchupでも

1発ノーエラーは滅多にありません。


  形状が単純だったからかなぁ



また変なモデリング




今度は複雑な形状のSTLを試してみました。


  少々意地悪に、これは流石にエラーが出るだろう

  というくらい複雑なモデリングにしました。



  テキト―につまんで押して、不気味な生物?が

  1分で出来ました(笑)



STL化




先の怪しい顔よりデータサイズは増えましたが

STL化の時間はさほど変わりませんでした。


見る限り問題はなさそうですが

サテまっとうなSTLとなりますでしょうか~



エラーなし!!




Minimagicでチェックした所

なんとエラーなし!


この怪しい生物を

3Dプリントできるそうです。


Sculptris、恐るべきソフトですねぇ

今度ちゃんとモデリングしてみます♪


関連ページ


 ・【3次元データの作り方】 ~ Sketchupでの3Dデータの作り方を公開しています。

 ・【3Dデータの補正】 ~ 3Dデータにエラーがある場合の修正方法の紹介です。

 ・【3Dプリンターって本当に簡単なの?2(3次元データ編)】 ~ 3Dデータ作成方法の概要です。

 ・【3Dデータ一覧】 ~ 当サイトのオリジナル3Dデータを公開しています。

 ・【3Dプリント造形品の積層面処理】 ~ ABSの表面をアセトン処理する方法を紹介しています。

 ・【3Dプリント造形品の表面処理】 ~ 造形品のやすり&塗装など後加工について紹介しています。

 ・【写真を3Dデータ化してみた】 ~ AutoDesk123Catchで写真を3Dデータ化してみたレビューです。。

 ・【粘土細工っぽい3D-CAD】 ~ 粘土細工のようにモデリング出来る3D-CAD「Scrupture」を使ってみたレビューです。



「49 粘土細工っぽい3D-CAD」は以上です。

<<  48 写真を3Dデータ化してみた    ||    50 フィラメントが出ない理由 >>

authored by