048 写真を3Dデータ化してみた


写真を3Dデータ化する事が出来る

 AutoDesk123Catchというソフトがあります。

 名前は以前から知っていたのですが、

 どうせまともなSTLは出ないだろうと思い

 触っていませんでしたが

 使ってみると面白かったのでご紹介します♪

- 2013/09/07:公開 -




AutoDesk123Catch




ダウンロードはこちらのページから


 例によってフリーで使用できます。

 AutoDesk123シリーズの1つなので

 ご存じの方も多いと思いますが

 最近は何でもフリーで出来てしまいますねぇ


 3Dデータの作成は

 左上の「Create New Capture」をクリックします。



写真選択




3Dデータ化したい写真を選択します。

アブシンベル神殿のジオラマの写真を使ってみました。


こちらのページ下部の写真

Jqueryというライブラリを使用して

擬似的に3Dに見せていますが

  今回創るのはホントの3Dデータです。



完成~♪




待つ事約30秒

左の様な画面が表示されました。

うまくCapture出来たようです。


「完了したらメールで知らせる」

なんて項目もあったので

でかいデータだと1時間とかかかるのかもしれません。



3Dデータ化成功♪



完成データを開いてみました。

  おおっ!うまくデータになってる~


  マウスでくるくる回転すると

  360度全体からモデルが表示されます。


  このデータは16枚の写真から作成しました。

  何枚くらいあればいいんですかねぇ


  ちなみにこの状態はObjファイルです。



meshlab




3Dプリンターで造形するには

  このデータをSTL化する必要があります。

  ※Replicatorは直接Objをぶち込んでも

  造形できると聞きましたが試した事がないので…


  今度はmeshlabというツールを使って

  ファイルを変換してみます。

  こいつもフリーで使えます。



Minimagic3




STL化したデータにエラーがないかは

Minimagicというツールでチェックします。

  一見綺麗にできているデータも

  STLにするとエラーが2000か所とかあるのが普通なのですが、

  このデータはなんとエラーが底面だけでした。

  ※底面は閉じないでSTL化したので当然ですが

  それほど精度を求めないデータなら十分使えますねぇ

  但し、STL化した時の精度は画面の通りです。


関連ページ


 ・【3次元データの作り方】 ~ Sketchupでの3Dデータの作り方を公開しています。

 ・【3Dデータの補正】 ~ 3Dデータにエラーがある場合の修正方法の紹介です。

 ・【3Dプリンターって本当に簡単なの?2(3次元データ編)】 ~ 3Dデータ作成方法の概要です。

 ・【3Dデータ一覧】 ~ 当サイトのオリジナル3Dデータを公開しています。

 ・【3Dプリント造形品の積層面処理】 ~ ABSの表面をアセトン処理する方法を紹介しています。

 ・【3Dプリント造形品の表面処理】 ~ 造形品のやすり&塗装など後加工について紹介しています。

 ・【写真を3Dデータ化してみた】 ~ AutoDesk123Catchで写真を3Dデータ化してみたレビューです。。

 ・【粘土細工っぽい3D-CAD】 ~ 粘土細工のようにモデリング出来る3D-CAD「Scrupture」を使ってみたレビューです。



「48 写真を3Dデータ化してみた」は以上です。

<<  47 3Dプリンターの歴史    ||    49 粘度細工っぽい3D-CAD >>

authored by