035 3Dプリンターって本当に簡単なの?


3Dプリンターを使うと「誰でも」「簡単に」好きなものを作れる!
 と話題になってますが、「本当」でしょうか?

 家庭用プリンターで造形する際に
考慮しなくてはならない点をまとめてみました


 最低これだけは理解していないと まともな造形は出来ませぬ~

- 2013/05/19:公開 -



積層ピッチ


まずは造形品質に最も影響の大きい
積層ピッチを決める必要があります。

  値が小さい方がより精密な造形が可能ですが
  1層あたりの厚みが減る事で
  ホットエンドの熱が造形済みの部分に伝わりやすく
  エッジ部分がだるくなってしまう可能性があります。

  また一層あたりの面積が小さい造形の場合は
  造形部分がまだ固まりきっていないうちに
  次の層の造形が始まってしまうので
  ヘッダースピードも考慮する必要があります。

  さらにエクストルーダのフィラメント押し出し速度も
  適切に調整する必要があります。

  積層ピッチの値を変更した場合は
  その他非常に多くのパラメータを見直す必要がある
  恐ろしいパラメータです♪

  【該当パラメータ】
Slic3r:  Layer height
  Skeinforge:  Layer Height(Thickness)



ヘッダ移動スピード


  この値を大きくすると造形が早く完了します。

ヘッダの移動速度を速くすればフィラメントは薄く
遅くすれば厚く造形されます。

  速すぎるとフィラメントが足りず上下のレイヤーと固着せず、
  遅すぎるとフィラメントが余って
いわゆる「ダマ」上の造形となります。

  適切な値は形状によっても異なり
  例えば直線の造形時とぎざぎざの造形時で
まるで変わってきます。

  【該当パラメータ】
Slic3r:  Speed for print moves 配下
  Skeinforge:  Feed Rate



フィラメント送り速度


  フィラメントを押し出すスピードです。

ヘッダスピードと逆に
  送り速度を速くすればフィラメントは厚く
遅くすれば薄く造形されます。

  その結果はヘッダスピードの場合と同じですが
  適切な値を見つけるのは非常に難しいです。

この値を自動で計算してくれるので
  最近はもっぱらSlic3rを使用しています。
  (※100%ではありませんが)

  【該当パラメータ】
Slic3r:  なし(自動)
  Skeinforge:  Flow Rate Setting



テーブルの温度


  造形品を出力するテーブルの温度です。

低すぎると造形品が途中で剥がれてしまします。
  高すぎると造形品がいつまでも冷えず
ドロドロの造形になってしまします。

  通常60度~100度の間(90度前後が多い)が最適ですが
  造形品の大きさ・形状によって調整が必要です。

例えば縦長の造形はテーブル接地面が少ないので
  温度を高めにしないとはがれやすく。
  横長の造形は接地面が多く熱が伝わりやすいので
  低めにしないと底面がめくりあがります。

  この値はG-Code生成時だけでなく
  PrintrunやRepetetar-hostのGUI上からも変更できます。

  【該当パラメータ】
Slic3r:  Bed Temperature
  Skeinforge:  Bed Temperature(Celcius)
Printrun:  テーブル温度を設定してSET
  Repetater-host:  テーブルの加熱


他にも失敗の要因は多々ありますが
上記の4つは理解していないと必ず失敗する
重要パラメータという事で解説してみました。

これらの影響もなく
本当に「誰でも」「簡単に」3Dプリントできるようになるといいですねぇ♪


関連ページ


 ・【3Dプリンターって本当に簡単なの?2(3次元データ編)】 ~ 3Dデータ作成方法の概要です。

 ・【3Dプリンタ作品集】 ~ 3Dプリンターで実際に造形した物の写真を公開しています。

 ・【家庭用3Dプリンターとは】 ~ 家庭用3Dプリンターの解説と種類を紹介しています。

 ・【3Dプリンターを使ってみた】 ~ 3Dプリンターを初めて使った記録です。

 ・【3Dプリンター用語集】 ~ 専門用語が多くて分かりにくい3Dプリンタ関連の用語をまとめました。



「35 3Dプリンターって本当に「簡単」なの?」は以上です。

<<   34 3Dプリンター用語集    ||     36 3Dプリンターって本当に簡単なの?2(3次元データ編 >>

authored by