029 3Dプリンターの価格って本当に安いの?



3Dプリンターの低価格化が進んでいるそうです。

機器が安くなっても、維持費が高いんじゃないの?

などという質問がありましたので


家庭用3Dプリンターの運用実態

(という程大層なものではないのですが)について

簡単に(実体験から)ご紹介します。

- 2013/04/09:公開 -



3Dプリンター本体


【価格】

ご存じSolidoodle2 エキスパートモデル

価格 $699
(購入時のレートで約5万6千円)です。

カバー・蓋なしの
スタンダードモデル(&499)や

後継のSolidoodle3($799)
も発売されています。

詳しくはSolidoodle社のサイト
を見てみて下さい。


>
フィラメント(リール口径大 クリアー)


フィラメント(リール口径小 ホワイト)


造形失敗の山々… フィラメント





【価格】

口径1.75㎜のABS樹脂フィラメントです。

Solidoodleサイトでは
1Kg $43で販売されています。

  最近は楽天やヤフオクでも販売されていて
1Kg \2500~¥3000円くらいのようです。

  【参考サイト】
ミント ~ \2300/1Kg
ケンビル  ~ \2600/1Kg
(2013/4/16 時点)

中国輸入サイトのアリババcomでは
更に安く買えるようです。
 (が、私はアリババでは買った事ありません)

  感覚的にですが純正フィラメント→格安フィラメントに変更して
  ノズル詰まり率が3割くらいアップしたように感じます。

  ちなみにCubeの専用カートリッジだけは
¥20000円/Kg位しますのでご注意ください♪



【運用面】

実際の所、1kgはかなりの量の造形が出来ます。

参考までにサマルカンドのジオラマ


失敗を入れると実際には
写真の倍以上造形していますが1.5Kg程でした。

中空密度は0.4
サイズは約400mm×400㎜×200㎜くらい

プロの造形屋さんに頼むと
20万円位はするでしょうねぇ

(2013/8/15追記)
ちなみにですが
D社に25㎝×20㎝×10㎝の造形を
見積もってもらった所¥60000程でした。


>
カプトン(ポリイミド)テープ


【価格】

テーブルへの食いつきを良くするために
ポリイミド(カプトン)テープを貼ります。

30mで\1500くらいから

両面テープを剥がしやすくなるので
気休め程度で貼っています。

(2013/8/15追記)
エクストルーダ故障時の仮止め等に
結構使います。
自分で修理する人は必須かと…


【運用面】

最近使いだしたので消耗度は何とも言えませんが
テープ交換が週一くらいなので
30mあれば数年はもつと思います。

そもそもなくても良いものなので、
コストにカウントする程ではないかも…です


>
両面テープ



【価格】

テーブルからの剥がれ防止に
両面テープを貼っています。

※剥がれ・反り防止はこちら
で詳しく解説しています♪

安いのは百均でも売ってますが、
NITTOの業務用両面テープを使用しています。

20mで\500くらいから

両面テープを貼るのは私のオリジナルなので
これもなくても良いです。


【運用面】

こちらh(私は)結構使ってます。

この半年で30mが2本目です。

私はかなりヘビーに造形しているのですが
コスト的には微小な金額でしょう~


>
アセトン 1L缶


両面テープが綺麗に落とせます






【価格】

テーブルやホットエンドに
樹脂が固まった際に
ふき取るのに使います。

私は純正アセトンを使ってますが

百均の除光液でも
同様の効果があると思います。

アセトン 1Lで800円くらいから







【運用面】

アセトンは模型用によく使うのですが

プリンタの洗浄には
わずかな量しか使いません。

1Lあれば数年は持つと思います。

主にはがれにくくなった両面テープを
拭き取るのに使用しています。


>

電気代



月に100時間以上は軽く造形してますが、

電気代は特に増えた感じはしませんねぇ

  推測ですが月額で1000円
アップしていないと思います。

  夏の冷房時期になったら
  また検証してみます


  ※フィラメントはリールが回転するように
  ローラーを自作しました。
  素材は段ボール


>

感想

半年使ってみての感想ですが
コスト的には間違いなく非常に安いです。

キャノンのインクジェットプリンターの方がよっぽど金食い虫です(笑)

既成のプラモデルの購入頻度が激減したので
収支はかえってプラスかも…

但し、求められるスキルは多岐に渡るので
安く上がる分、勉強が必要って事ですねぇ

まだまだSlic3rの微調整など
精進したいと思います♪

  写真はヘアスプレーをかけた所。

  ネットで見たのですが
あまり効果はありませんでした。

>

フッ素加工

必須ではないのですが
  フィラメントがノズルに焦げ付くのを防止するには
  フッ素加工が効果的です。

  フライパンのテフロン加工みたいなものだそうです。

  ちょっと高いのですが
  より品質の高い造形をしたい方にはお勧めです。

  写真は「フッ素革命(ゆかわ社)」¥3000位。




防寒装備

こちらも必須ではないのですが
  気温が寒くなる冬の造形は
  ブツが反ったり割れたり失敗が多くなります。

  失敗防止には造形エリアの温度を一定に保つ事が効果的なので
  写真の様なガードを作る事をお勧めします。

  スタイロフォーム 500~1000円程度
  アルミシート 100均など


>

PTFEチューブ

フィラメントの途中溶解防止の為のチューブですが
  次第に劣化してくるので時々交換が必要です。

  1mで500円~程度。


関連ページ


 ・【3Dプリントサービスの比較】 ~ 3Dプリント外注サービスの各社料金の比較です。 ←3Dプイリンターに興味はあるけど、自分で持つのはちょっと…という方にお勧め♪

 ・【格安3Dプリント デジモデの実力は】 ~ 格安3Dプリントサービス「デジモデ」の品質レビューです。

 ・【家庭用3Dプリンターとは】 ~ 家庭用3Dプリンターの解説と種類を紹介しています。

 ・【3Dプリンタ作品集】 ~ 3Dプリンターで実際に造形した物の写真を公開しています。

 ・【3Dプリンター用語集】 ~ 専門用語が多くて分かりにくい3Dプリンタ関連の用語をまとめました。



「29 3Dプリンタの価格って本当に安いの?」は以上です。


<< 28 3Dプリンタ作成例  ||   30 3Dプリント用ソフトRepetier-Hostの使い勝手 >>

authored by