026 中華レーザー加工機奮闘記



さんけい社さんの「みにちゅアート」というキットがあります。

非常に精密でかわいいキットが沢山販売されています。

自分でも作ってみたくなって

なんと レーザー加工機を中国から買ってしまいました。

- 2013/01/28:公開 -



積荷で玄関が埋まってしまいました。



予想はしていたのですが

巨大な荷物です

丁度正月休みで、

家族が実家に帰省していたので

助かりました

年末だったせいかバイトの学生さん

(らしき人)が運んできたのですが

精密機械なのでちょっと不安…



開けても大きい…



わが部屋の1等地を占領してしまいました。

これで動かなかったらと思うとゾッとします。


重さは30Kgと書いてありましたが

そこまでは無いような気がします

それでも一人で動かすのは大仕事でした



排気ダクト



付属のマニュアルに沿って組立ます。


排気ダクトは組み合わせが緩いと

注意書きがありましたので

ガムテープで固定しました。


後は冷却用の水冷ホースと

USBケーブルを繋いで完成です



WinXPモード



私のPCはWin7ですが、

この機器はWinXPでないと動かないそうなので

XPモードという仮想OSを設定しました。

意外と苦戦して約2時間の作業…



USBドライバ



付属のUSBメモリを差し込むと

自動で設定がされるはずなのですが

ウンともスンとも言いません

Explorarはもちろん

デバイスマネージャーからも認識できません



XPモードでMicroDogを読み込む



付属のUSBが破損していたのか

XPモードでMicroDog(USBメモリ)

そもそも読めないのか

ネットで情報を漁り

こちらのページを参考に
レジストリ等々を変更しました


どうもWin7のデフォルトでは

MicroDog(USB)を読めないようです



デバイス探し



それでも事態は好転せず、

メーカーのサイトを見つけ出し

デバイスドライバを探しましたが

見つかりません…



Win7での設定方法



代理店に泣きついて

メーカーからWin7での設定手順(動画)

をもらいました

付属のMoshidrawというアプリケーションは

加工用ソフトだけでなく

デバイスドライバも兼用しているようです。



レーザーが出ない



もらった手順通りに設定すると

デバイスマネージャーからは
ドライバを検索できませんでしたが、

Moshidraw_LEFT.exeを直接クリックすると
アプリがインストールされるだけでなく

Moshidrawから機器を
操作できるようになりました。

喜んだのもつかの間

加工を実行するとヘッダは動くものの
 レーザーが全く照射されません

パワーが出力が弱いのかと思い出力を上げると
火花が散る始末…



水漏れ発見



ベンダーからは

  コントロールボードを開けて

  火花が出ている写真を撮るようにとの指示

  火花が出るので恐る恐る撮影すると何と水漏れを発見

返品するしかなさそうです…。

  火花の撮影はかなり勇気が要ります。

  中国品質と戦うには根性が必要ですね。



代替品をお願いしたのですが

  交換品が無いとのことで

  代理店から商品代金が返金されました。

これまでの努力は無駄になってしまうのか?

  またモチベーションが高まったら

  再チャレンジしたいと思います。

  一旦はこれで第一部完とさせていただきます~


関連ページ


 ・【超音波カッターの相性】 ~ 3Dプリンターと超音波カッターの相性についての検証です。

 ・【模型に強くなる電動工具】 ~ 模型製作を便利にする電動工具のレビューです。

 ・【家庭用3Dプリンターとは】 ~ 家庭用3Dプリンターの解説と種類を紹介しています。



「26 中華レーザー加工機奮闘記」は以上です。

<< 25 3Dプリントの積層面処理 || 27 超音波カッターの相性 >>

authored by