025 3Dプリントのアセトン処理


FDM(熱溶解積層法) の造形は積層の処理が必要ですが

綺麗に処理するのは結構大変です。

表面ををつるつるに出来る

自作ABS樹脂用アセトン装置(?)のご紹介です。

- 2013/01/28:公開 -



積層ピッチの比較(左が0.3㎜右が0.1㎜)



SkeinforgeSlic3rのデフォルト値である

積層0.3とG-CODEを

チューニングした0.1の比較です。


ぱっと見でも明らかに差があるのが分かります。

パラメータ処理に苦労しても

積層は0.1で出力した方が

後処理は遥かに楽になります。



積層0.3㎜



積層段差が大きいだけでなく

気温によっては

レイヤー間に隙間が

出来る場合があります。


※参考→失敗例「割れ目」


積層0.1㎜



積層0.1での造形は

時間は0.3の3倍かかりますが

後の処理を考えて

通常は0.1で出力するようにしています。


※写真上部のぽっちは

造形後のホットエンドの熱で

焦げてしまった跡です。



自作 アセトン装置(!?)



表面処理の準備です。

プラ製紙コップにアセトンを入れます。


エアブラシ用コンプレッサーの

ホースを入れて完成です。

とても簡単です♪



アセトン♪



アセトンに造形物を入れて

コンプレッサーをONにします。

造形物がアセトンの中で

「うがい」されます。

アセトンが飛び散るので

蓋をした方が良いです。


0.3アセトン後



積層0.3の造形物を
装置に90秒程度かけた後です。

アセトン後もわずかに段差が見えます。



0.1アセトン後



積層0.1の造形物を
装置に90秒程度かけた後です。

ほとんど段差は消えています。

乾く前に触ってしまうと

表面が溶けて

変形してしまう事があるので注意です。



処理後の注意



アセトン後の造形物を急いで乾かす為に

食器乾燥機にかけた所

中の空気が膨張して

写真のようにおもちが

膨らむようになってしまいました。

アセトン処理後は自然乾燥させましょう。

写真は0.1アセトン後にサフをかけたものです

もう少しアセトン処理した用がよさそうですね


関連ページ


 ・【3Dプリント造形品の表面処理】 ~ 造形品のやすり&塗装など後加工について紹介しています。

 ・【3Dプリンタ作品集】 ~ 3Dプリンターで実際に造形した物の写真を公開しています。

 ・【3Dプリンタ失敗例】 ~ 3Dプリンター造形失敗例と原因と対策を公開しています。

 ・【ABS樹脂の特性と反り対策】 ~ ABSを使用する際の注意点とテクニックを紹介しています。

 ・【3Dプリンターのメンテナンス】 ~ 3Dプリンターを快適に使う為のメンテナンス方法を紹介しています。

 ・【3次元データの作り方】 ~ Sketchupでの3Dデータの作り方を公開しています。



「25 3Dプリント積層処理」は以上です。

<< 24 透明レジンいろいろ ||    26 中華レーザー加工機奮闘記 >>

authored by