018 Skeinforgeの設定



3Dデータを3Dプリンターで出力する為には
データを「G-CODE」形式に変換する必要があります。

3Dデータを「G-CODE」形式に変換するフリーウェア
「Solidoodle」のパラメータについてご紹介いたします。

設定できるパラメータが非常に多岐にわたるソフトなので
造形へのインパクトの大きそうなものから順に検証していきます。

太字 ~ 重要パラメータ
赤字 ~ 現在検証中の値
(未) ~ Skeinforge Wikiの訳のみで未検証

実は最近はほとんど「Slic3r」に頼ってます…

- 2012/10/25:公開 -



Bottom


底面
プリントを開始するZ座標の設定値

プリント開始Z座標 = 

  altitude +
Additional Height over Layer Thickness
×

  layer thickness


【Additional Height over Layer Thickness】
  (初期値 0.5)

【Altitude】
  (初期値 0.05)


Carve
造形全般

【Add Layer Template to SVG】
  SVG出力画面にコントロールを付加するか否か
  無くてもいい♪

【Extra Decimal Places】
  小数点以下の設定
  値を増やすとより精緻なデータとなる

【Import Coarseness】
  STLに隙間があった場合自動で埋める割合(未)
  説明を見る限り、正確にSolidに閉じていないSTLでも
造形できるようにするパラメータの様。
  いじってみたがあまり効果が分からず…。
そうだったらすごいのですが…

【Layer Height(Thickness)】
  積層ピッチ(初期値0.3)
  大物は0.3位で十分だと思いますが、
小物だと0.3は結構積層が目立ちます。
.3→.1へ変更(10/30)

【Import Coarseness】
  データに隙間があった場合に
どの程度埋めるかのしきい値を設定

【Layers From、To】
  Z座標を指定する事で
データの一部のみを造形出来るパラメータ(未)

【Mesh Type】
  Correct Mesh データの正確製を優先
  Unproven Mesh 隙間を埋める事を優先

【Parameter with over thickness ratio】
  外壁の厚み ※積層の何倍にするか 1.4→4.2へ変更(10/30)



Chamber

テーブル
Chamberの温度を設定する

【Bed Temperature】
  テーブルの温度(初期値60)

【Chamber Temperature】
  (初期値30)

【Holiding Force】
   SolidoodleにはHolding機能は無いので不要


Clip


【Clip Over Perimeter Width】

 (初期値0.2)



【Maximum Connection Distance
Over Perimeter Width】

 (初期値10.0)


Comb


穴のある形状を造形する際穴の中に

バリを発生させにくくするオプション


Cool

冷却機能

ホットエンド、エクストルーダ、
テーブルの温度に関する設定


【Cool Type】

Orbit  冷えるまでホットエンドを停止
Slow down  冷えるまで
ホットエンドのスピードを下げる


【Minimum Layer Time】

 設定した時間未満で造形が完了した際は
次の階層の作成をWaitする
15→20へ変更(10/30)



Dimension

相対・絶対指定

G-codeのパスを絶対座標で出力するか

相対パスで出力するかを指定


Export

G-CODE出力

出力時のファイル名など。その他未検証


Fill

FILL

造形物の内部構成に関する設定
中空密度や形状などを設定する

造形時間に最も大きく
影響を及ぼすパラメータ


【acrive Fill】
  Offにすると中空になる

【Infill Solidity】
  中空密度(初期値0.2)

【Infill Pattern】
 GridCircular
 GridHexagonal
 GridRectangular


Fillet

Fillet


デフォルトは非アクティブ


Home


デフォルトはアクティブ


Hop


デフォルトは非アクティブ



Inset


デフォルトは非アクティブ



Jitter

未検証



lash


デフォルトは非アクティブ



Limit

【Maximum Initial Feed Rate】
 エクストルーダの最高移動速度

 ※Speedの値を大きくしても
この値以上にはならない。



Multply


デフォルトは非アクティブ


Oozebone


デフォルトは非アクティブ



Perface


出力データにメタ情報を追加するパラメータ


Raft

Raftとは
造形品がテーブルからはがれない様に
最初のレイヤーに作成する台の事。

Slic3rの「skirt」に該当します。



scale

デフォルトは非アクティブ


Speed

スピード

【Feed Rate】

ヘッダの移動速度(初期値50)


【Flow Rate Setting】
フィラメントの送り速度(初期値2.1)

2.1→0.7(10/30)


Splodge

デフォルトは非アクティブ


Stretch

デフォルトは非アクティブ


Temperature

未検証

各部温度の詳細設定と

加熱&冷却スピードの設定と思われる


tower

デフォルトは非アクティブ


unpause

CPU処理待ちの設定
デフォルトは非アクティブ


widen

デフォルトは非アクティブ


wipe


デフォルトは非アクティブ

関連ページ


 ・【Slic3rの設定】 ~ Slic3rの設定項目について説明を公開しています。

 ・【3Dプリントの為のG-CODE】 ~ スライスソフトで生成されるG-Codeについて説明を公開しています。

 ・【3次元データの作り方】 ~ Sketchupでの3Dデータの作り方を公開しています。

 ・【3Dプリンタ失敗例】 ~ 3Dプリンター造形失敗例と原因と対策を公開しています。

 ・【3Dプリンターのメンテナンス】 ~ 3Dプリンターを快適に使う為のメンテナンス方法を紹介しています。



「19 skeingforgeの設定」は以上です。

<< 17 家庭用3Dプリンタの実力は?    ||     19 3Dプリンタ造形品の表面処理 >>

authored by