120 高精度3Dプリンター クホリアを使ってみました。

高精度3Dプリンター クホリアを使ってみました。




久宝金属製作所のクホリアという3Dプリンターです。

FDMなのですが、(初めてでなく)3Dプリンターをすでに持っている人たちから

評判が高かったのでクホリアという3Dプリンターを購入しました。

評判に負けない精度が出るか、試してみたのでご紹介いたします。

- 2017/1/24:公開 -



チューブ外れ



特に設定することもないのでフィラメントを設置して

すぐに造形~しようとしたのですが、

PTFEが外れてフィラメントが送られません…

初造形はしばらくお預け(泣)

連絡したらすぐに大体チューブを多くってくれました。



造形



操作は機器についている液晶画面から行います。

PCにつながなくてよいのはとても楽チンです。

寒いせいかヒートベッドが温まるのに10分くらいかかりました。

カプトンテープ張って保温したほうがよいのかな。





スライス設定



同梱されているSDにKisslicerと、

推奨パラメータが最初から設定されてます。

なので、ノズル系と積層ピッチを選ぶだけで、

悩ましいスライス設定に苦労することがありません。

これは非常にありがたいです♪

今回は積層0.1㎜で出してみます。




初造形



ウチのデファクトモデル、1/2400 フィレンツェです。

サポートを取っただけの状態です。

これまでのFDMでは(私の腕では)絶対に出せませんねぇ

感覚的にはForm1よりわずかに緩いってとこでしょうか




塗装



塗装するとさすがに積層が見えてきます。



デジモデ(織部)

Form1

クホリア

AtomRC


塗装するとさすがに積層が見えてきます。

以前比較しデジモデの精度を100とすると

私の主観ではこんな感じ~

名称精度備考等
デジモデ100 業務用Perfactory使用,価格ではDMMに押され気味だが独自素材織部の精度はすさまじい。
Form185 世界初の家庭用SLA。発売当時は驚きだったが、造形のむずかしさ(失敗率の高さ)であまり普及しなかった。問題点をクリアしたForm2が現在発売中
クホリア80 本稿の通り、初期パラメータ使用。FDMとしては(おそらく)トップクラスの精度の造形力
AtomRC60 Genkei社初期のReprap3Dプリンター。私の愛機。故障時のメンテナンスの良さと、組み立てワークショップによる構造理解の勉強会が特徴。


実はAtomの次はSLAを買おうと思っていたのですが

FDMでこれだけの精度が出るならありがたいですねぇ~


関連ページ


 ・【ジオラマの作り方 超入門♪】 ~ ジオラマの作り方の第一歩を簡単に解説してます。

 ・【模型に強くなる電動工具】 ~ 模型製作を便利にする電動工具のレビューです。

 ・【エアブラシ不向きの塗料】 ~ 様々な塗料とエアブラシの相性についての考察です。

 ・【超音波カッターの相性】 ~ 3Dプリンターと超音波カッターの相性についての検証です。

 ・【中華レーザー加工機奮闘記】 ~ 中華レーザー加工機を購入した際の記録です。

 ・【レーザーカッターを使ってみた】 ~ レーザーカッターでカットパーツを作ってみました。

 ・【家庭用カッティングマシーンを試してみた】 ~ シルエットカメオの使用レビューです。

 ・【カッティングマシーンを試してみた2】 ~ シルエットカメオの使用レビュー2です。





authored by