012 3Dデータの補正



3Dプリンター使用時に必要となる
STLデータのエラー補正の方法についてです。

折角CADでモデリングが完成しても

STL化した時にエラーがあっては
綺麗に3Dプリントする事はできません。

実際にはこんなに簡単に直らない場合が多いのですが
データ補正の例を紹介します。

※このデータの補正時間は2時間ほどでした。

- 2012/08/12:公開 -



エラー状態


作成したSKPファイルを
STL変換したところエラーがありました


「反転三角」や「バッドエッジ」は
黄色く表示されるのですが

「複数シェル」のエラーは
原因個所が表示されませんので
自分で探します


【参考】
反転三角 面の裏表が揃っていない
バッドエッジ 面間に隙間がある場合等
複数シェル ソリッドが1つに纏まっていない



エラー絞り込み1


怪しい個所を削っていき、
都度STL化してチェックします。

シェルが1つと表示された部分は
容疑者候補から外していきます。

左図では
後方ドームの飾り窓部分のどこかで
複数シェルが発生している事まで
切り分けました

シェル=2 となっているので
このデータ内のどこかで
シェルを2つと誤認識させています。


エラー絞り込み2


更に前半分を消しました。

まだシェル=2となっています。

この中に問題がある事が分かります。

エラー絞り込み3


更に右側飾り窓を消しました。

まだシェル=2となっています。

この中に問題がある事が分かります。


ここまで絞ると
オブジェクト数も数えられる程なので
ヤマ勘でデータを補正する事にします。

エラー個所のSKP


該当範囲のSKPファイルを
確認しました。


明らかに怪しい面・線はないのですが
左図の青い線部分は
使用していない事が分かります。


エラー個所のSKP 修正後


試しに消してみました。

仮にこの線が使用中の線だったとすると
周りの面が巻き沿いで消えてしまいます。

左図では消した線以外に影響が無いので

どの面でも
使用していなかった事が分かります。



エラー改善後


再度STL化したところ
無事 シェルが1つに纏まりました。

上記の線に
特に問題は無いはずなのですが

ともあれMinimagic上では
エラーは解消されました。

シェルが2つと認識された理由は
良く分かりませんが
モデリングデータなんて
そんなものだと思います…




関連ページ


 ・【3次元データの作り方】 ~ Sketchupでの3Dデータの作り方を公開しています。

 ・【3Dデータの補正】 ~ 3Dデータにエラーがある場合の修正方法の紹介です。

 ・【3Dプリンターって本当に簡単なの?2(3次元データ編)】 ~ 3Dデータ作成方法の概要です。

 ・【3Dデータ一覧】 ~ 当サイトのオリジナル3Dデータを公開しています。

 ・【3Dプリント造形品の積層面処理】 ~ ABSの表面をアセトン処理する方法を紹介しています。

 ・【3Dプリント造形品の表面処理】 ~ 造形品のやすり&塗装など後加工について紹介しています。

 ・【写真を3Dデータ化してみた】 ~ AutoDesk123Catchで写真を3Dデータ化してみたレビューです。。

 ・【粘土細工っぽい3D-CAD】 ~ 粘土細工のようにモデリング出来る3D-CAD「Scrupture」を使ってみたレビューです。



「12 3Dデータの補正」は以上です。

<< 11 3次元データの作り方 || 13 精密樹木の作成例 >>

authored by