111 刷毛で塗るレジン

刷毛で塗るレジン


以前ワンフェスで見かけてずーっと気になっていたのですが

竹林化学工業のタケシールというレジンを試してみました。

高粘度で型に刷毛で塗りたくって使うという

不思議なレジン(?)キャストです。

- 2016/03/03:公開 -



製品



使ったのはこちらのK2Kというブツです。

ソフトタイプで硬化後はゴムの様な硬度になる変わり者ウレタン。

中空形状を簡単に作成できるというのがウリの様です。

なので中空の世界遺産を作って

電飾してみようというのが今回の目標です。

300mlで約4500円と通常のレジンと比べるとかなりお高めですね







まずは説明書通りの分量で混ぜ混ぜします。

質量比で1:1と書いてあるのですが、

硬化剤はポリパテ並みの粘度、硬化剤はハチミツ並みの粘度なので

正確に測るのが非常に難しいです~

調色スティックでちょっとづつ足していきます。







まぜたあとも溶けたキャラメルの様な粘度です。

「流す」というより「塗りたくる」といった感じですね。

写真の様な精密な型には厳しいかも…







気休めかもしれませんが一応真空脱泡もかけておきます。

写真ではわかりにくいですが、

真空状態ではだいたい2倍程度に膨張したので

一応気泡ぬけ効果はあるんじゃないですかねぇ…







脱泡完了後です。

う~ん、効果があったのかどうか全くわかりませんねぇ…

硬化ブツが全部下にたまっちゃったので

調色スティックで塗り直ししました。







3時間ほど硬化を待ちました。

ホントはそんなに長くは必要ないんですが

心配だったので念の為長めに我慢(笑)です。

いざ剥がそうとすると、

ゴムと同じような質感でまったく抜けません!!

「これがソフトタイプの威力なのか」

という訳で竹ぐしでゆっくり剥がしていきます。







結局15分くらいかけて剥がしましたが

制度の高いファサード部分はどうしても抜けず

破損してしまいました。

側面のディテールは以外にも気泡なく造形できています。

とりあえずこの商品は型を選ぶ事がよくわかりました。

次回へつづく~









関連ページ


 ・【ジオラマの作り方 超入門♪】 ~ ジオラマの作り方の第一歩を簡単に解説してます。

 ・【ジオラマベースの作り方】 ~ ぎんなん型トリマーで面取りするベースの作成方法です。

 ・【ネームプレートの作り方】 ~ ジオラマ用ネームプレートの作り方です。

 ・【ネームプレート取付】 ~ ネームプレートをベースに取り付ける方法の紹介です。

 ・【尿素で樹木を造る】 ~ 尿素の結晶を利用した針葉樹の作成方法です。

 ・【ヤシの葉の作り方いろいろ】 ~ ヤシの葉の表現方法をいろいろ検証しました。

 ・【樹木の作成例 】 ~ 様々な素材で樹木の出来を比較してみました。

 ・【錆の表現方法】 ~ 錆の表現方法のご紹介です。

 ・【グラスマスター(芝作成機)を自作してみた】 ~ リアルな芝を製作するグラスマスターというツールを自作してみました。

 ・【天然素材を使った樹木の根っこ表現】 ~ 自然の根っこを利用した根っこ表現の紹介です。

 ・【ジオラマ用天然素材いろいろ】 ~ 市販されている植物向けジオラマ素材をまとめてみました。。



「MAX塗り修行」は以上です。


authored by