011 3次元データの作り方


3Dプリンターでプリントする為の3Dデータの作り方を紹介します。

フリーウェアのみでそこそこのデータが作成できますので

ご興味のある方は是非ご参考にしてください

【使用ソフト】
・Sketchup モデリング用(フリー)
・Minimagic STLチェック用(フリー)
・su2stl.rbs STLコンバート用プラグイン


【完成イメージ】

- 2012/08/05:公開 -



SketchUpのダウンロード&インストール


SketchUpをインストールします

※以前はGoogle傘下で

GoogleSketchUpと言っていたのですが

今はTrimbleSkethcupといいいます。

ダウンロード&インストールは
5分程度で終わります

Sketchupの最大のメリットは

世界中の人がモデリングした

SKPデータが

ネットで公開されている事です。



STL変換プラグインのインストール


こちらのサイトから プラグインをダウンロードして

Google SketchUp **/SketchUp/Plugins

配下へsu2stl.rbsを格納します

成功するとSketchupメニューの

プラグインにExportSTLData

ImportSTLdata

という項目が追加されます



公開データを取得する場合

※公開データの例  

3Dデータ公開サイトから取得する場合は

Trinbleの公開サイト

膨大なデータがあるので

こちらから取得すると良いと思います

公開データはそのままでは

プリントアウトできないケースがほとんどで

データ修正が必要な場合が多いです


左図の公開データの例では

赤or 黄色個所に

何らかのエラーがあります


ちょっと補正する気がしませんね…



データを自作する場合


自分でモデリングをする場合は

こちらのサイト

参考になると思います

チュートリアルが豊富で

感覚的にモデリングを学べます


慣れるまで多少時間がかかりますが

自分でモデリングした方が

かえって早く完成する事が多いです




STL変換


データが完成したらSTLに変換します

プラグイン > ExportSTL

単位はMeter

※建造物は通常メートル単位ですが

モデリング時のサイズに合わせます

保存先はパスに日本語が含まれると

正しく動作しない場合があるので

C:\Model などにするのが

無難のようです

成功すると

コンバートしたオブジェクトの数が

メッセージウィンドウで表示されます


データのチェック


作成したSTLデータを

Minimagicでチェックします

MinimagicはVectorで入手できます


ちなみに左図では

複数シェルのエラーが発生しています

ここから原因究明の

長い旅が始まります…

詳しくはこちら


データ補正


エラーがあると

正しくプリントできないので

SketchUpでエラー個所を修正し

再度STLへ変換しチェックします

エラーが無くなるまで繰り返します

ちなみに今回のエラー原因は

左図のラインが面を分割して

シェルを2つと

誤認識させていた事のようです

このラインは不要なので

削除したところ

シェル正しく1つになりました



データ完成!!


エラーが無くなり、

無事STLデータ完成!


初めてSketchUpを使いましたが

左図のモデリングで

30時間程度でできました


関連ページ


 ・【3Dデータ一覧】 ~ 当サイトのオリジナル3Dデータを公開しています。

 ・【3Dデータの補正】 ~ 3Dデータにエラーがある場合の修正方法の紹介です。

 ・【3Dプリンターって本当に簡単なの?2(3次元データ編)】 ~ 3Dデータ作成方法の概要です。簡単かどうかは人それぞれでしょうねぇ



「11 3Dデータの作成」は以上です。

<<  10 スジボリに挑戦!    ||   12 3Dデータの補正 >>

authored by