108 ブリザーブド加工を試してみた

プリザーブド加工を試してみた


天然素材の形状をなるべくそのまま維持して

ジオラマ素材に使えないものかと

プリザーブドの技法を試してみました。

- 2015/12/12:公開 -



お試し素材1(ディル)



ハーブ屋さんで売っているディルという植物です。

ディテールが精密で、

うまくいけば素材として使う場面が多そうなマテリアルです。



乾燥



乾燥器で約2時間乾燥させました。

落ち葉のようにもろくなってしまって

つまんだだけでポロポロ崩れます。

このままでは使えそうにありません。



レジン漬



素材の補強のためにレジンにつけて硬化させてみました。

強度は上がりましたが、

微妙にディテールを埋めてしまっています。

そもそも乾燥した時点で

皺くちゃになっているので 折角の素材の良さが消えてしまい

ました。



プリザーブド用脱色液



お花の世界でメジャーなブリザーブドという手法を試してみます。

とりあえず水分置換用にプリザーブド溶液を購入しました。

1Lで1500円程~



浸け置き



半日ほど浸け置きします。

色素が十分落ちるまで強く待ってみます。



取り出し



色素・水分が落ちて少々硬化しました。

この状態では非常にもろいので

キッチンペーパーで溶剤を吸い取りながら乾燥させます。



乾燥後



やっぱりシワくちゃにまるまってしまいまいた…

なかなかうまくいきませんねぇ



グリセリン



ブリザーブド加工には

エタノール脱色の後グリセリンにつけて

中身を置換するそうなので

今度はグリセリンを用意しました。



乾燥



エタノールだけで乾燥したよりは大分良くなりましたが

もう少しシワが入らないと良いのですが…





水揚げ



ブリザーブド加工前に

「水揚げ」という工程を踏むと良いと

ネットに書いてあったので試してみます。


といっても単に2~3時間水に浸けるだけです。



乾燥



水揚げ→

エタノール漬→

グリセリン漬→

乾燥(2日くらい) の手順を踏んだ状態です。

時々葉っぱを広げたりしました。


出来栄え



ディルのシャキッとした形状を維持するのは無理なようです。

それなりの強度にはなったので、別な物には使えそう~


同時に加工したイタリアンバジルは葉っぱだけですが、

割とリアルにできました。

強度もちょっとした布くらいあって、

引っ張っても簡単には破れません。

これは使えそう~





塗装してみた



アクリルで塗装してみました。

ホントは水分はよろしくないのですが、

ラッカー切らしていたので…


上部の葉っぱ部分がイタリアンバジルで

ディルは根っこ部分に使用してみました♪

今後いろんな植物を試してみたいと思います~


関連ページ


 ・【ジオラマの作り方 超入門♪】 ~ ジオラマの作り方の第一歩を簡単に解説してます。

 ・【ジオラマベースの作り方】 ~ ぎんなん型トリマーで面取りするベースの作成方法です。

 ・【ネームプレートの作り方】 ~ ジオラマ用ネームプレートの作り方です。

 ・【ネームプレート取付】 ~ ネームプレートをベースに取り付ける方法の紹介です。

 ・【尿素で樹木を造る】 ~ 尿素の結晶を利用した針葉樹の作成方法です。

 ・【ヤシの葉の作り方いろいろ】 ~ ヤシの葉の表現方法をいろいろ検証しました。

 ・【樹木の作成例 】 ~ 様々な素材で樹木の出来を比較してみました。

 ・【錆の表現方法】 ~ 錆の表現方法のご紹介です。

 ・【グラスマスター(芝作成機)を自作してみた】 ~ リアルな芝を製作するグラスマスターというツールを自作してみました。

 ・【天然素材を使った樹木の根っこ表現】 ~ 自然の根っこを利用した根っこ表現の紹介です。

 ・【ジオラマ用天然素材いろいろ】 ~ 市販されている植物向けジオラマ素材をまとめてみました。。



「プリザーブド加工を試してみた」は以上です。


authored by