103 きれいに3Dプリントする基礎知識♪

きれいに3Dプリントする基礎知識♪


丸3年3Dプリンターをいじくりまわしてきまして

大分コツも分かってきました(つもりです…)。

折角なので、きれいにプリントする基礎知識という事で

私が心がけている点をご紹介します。

※あくまでこのデータ形状の場合の例です~

- 2015/09/19:公開 -



作りたいブツはこちら



対象物は私の大好物のアンコールワット中央祠堂(の下半分)

派手な逆テーパが無くて比較的造形しやすい形状です。

とはいえエッジの鋭角が魅力なので

角がナメったりしない様注意が必要です。



データのサイズ



カタログ上、最大造形エリアは10㎝×10㎝なのですが、

あまりぎりぎりにしないようにしています。

うちの機械はどうも中心がずれているのか、

エリアギリギリの造形が微妙にずれる傾向がありますので…


データを分割してみて

だいたい8*8㎝におさまるように再設計です♪



対象形は省略



今回の形状は前後&左右ほぼ対称なので

4分の一だけモデリングすればあとはコピーできます。

入り口部分と階段部分だけ後でちょっと付け足します。


写真の部分は半分だけモデリングして

ミラーコピーすれば作れちゃいます♪



逆テーバは避ける



サポート材を付与することで

逆テーパの造形は可能ですが、

品質が落ちるのでなるべく避けます。


今回は逆テーパになる部分は分割します。

※画像左下が元形状で上が分割後です。



造形その1



今回はX-Yに長くZが短いので

剥がれたり倒れたりするリスクは少ないです。


但し反りの防止が重要になります。

Number Of Roopは2に設定してますが、

底面(1~2層目)の造形は丁寧に完了させます。



造形その2



Infillは2.5%ですが

この形状でも裸で造形すると反ります…


なので3層目あたりからは防温カバーをかけて

造形エリアのヒケを防止します。



失敗例その1



キャリブレーションが甘いと

あっという間に写真のようになります。


1㎜未満くらいならプラモ用接着剤で強引に修正できますが、

写真くらい反ったら修復はあきらめた方が良いですねぇ。

反り対策についてはこちらに備忘してあります♪


造形その3



ある程度造形が進んだら

カバーのふたを閉めて全面保温体制にします。


この時エクストルーダが熱くなると

フィラメントが柔らかくなって

ノズル送り不良の原因になってしまうので、

保冷剤で冷やしつつ実施します。



失敗例その2



ある程度造形が進んでも

油断すると反ります…


この位かたまってくると修正は不可です…

あとでエポパテで補修するか、

やり直すかの2択を迫られます…

建築物はエッジのシャープさが大事なので~


造形その4



後半は完全防温でヒケ&反り防止を徹底します♪


カバー内はかなりの温度になるので

保冷剤が解けて水滴が垂れるリスクがあります。

時々保冷材についた水滴をふき取ってやりつつ

造形にそりがないかチェックします。



完成



2時間ほどで1パーツ完成♪

組み合わせた時に補修できないほどの反りがないか

エッジがシャープに出ているか の2点をチェックします。



進捗



今回はこの形状を53パーツに分割したので

約2週間で、のべ100時間位かかりました。

※うち25%位が失敗時間です…


最終形



更にいうと、

今回のパーツは全体の中心部分のみでして

全部完成するのは年明け位になる見込みです…

最後までモチベーションが保てることを祈るばかりです…


関連ページ


 ・【3次元データの作り方】 ~ Sketchupでの3Dデータの作り方を公開しています。

 ・【3Dデータの補正】 ~ 3Dデータにエラーがある場合の修正方法の紹介です。

 ・【3Dプリンターって本当に簡単なの?2(3次元データ編)】 ~ 3Dデータ作成方法の概要です。

 ・【3Dデータ一覧】 ~ 当サイトのオリジナル3Dデータを公開しています。

 ・【3Dプリント造形品の積層面処理】 ~ ABSの表面をアセトン処理する方法を紹介しています。

 ・【3Dプリント造形品の表面処理】 ~ 造形品のやすり&塗装など後加工について紹介しています。

 ・【写真を3Dデータ化してみた】 ~ AutoDesk123Catchで写真を3Dデータ化してみたレビューです。。

 ・【粘土細工っぽい3D-CAD】 ~ 粘土細工のようにモデリング出来る3D-CAD「Scruptris」を使ってみたレビューです。

 ・【ハンディー3Dスキャナ3D SENSEを使ってみた】 ~ 家庭用3DスキャナSENSEの使用レビューです。



「103 きれいに3Dプリントする基礎知識♪」は以上です。


authored by