102 3Dデータの作成例(サンピエトロ聖堂のモデリング)

3Dデータの作成例(サンピエトロ聖堂のモデリング)


1/2400世界遺産シリーズの新作用に

バチカンのサンピエトロ大聖堂をモデリングしました。

これまであまり紹介してなかったので

データ作成例を公開いたします。

- 2015/09/12:公開 -



サンピエトロ聖堂の写真



まずはネットで情報収集~

写真や図面を集めまくります。

もちろん私自身も2006年に現地を訪問してますので

その際の写真も貴重な資料です♪


作業 1時間



ざっくり外観をモデリング~

重要なのは本物らしく見えるフォルムと

実物に即したスケールです。

ディテールはまた後程苦悩しますので~♪



作業 6時間



各パーツを大雑把に配置

同じ形状を沢山使用する際は

オブジェクト化しておくと便利です。


このとき写真通りに作ったつもりでも

全体でみるとそれっぽくなく見える事がありますので

そんな時は思い切ってデフォルメしちゃいます。

本物通りである事 < 本物に見える事



作業 9時間



中庭もモデリング~

データ幅が8㎝になったので

造形を考慮してデータに分割しました。


組み合わせ面は0.1㎜程度オフセットするのが

後々かみ合わせをスムーズにするコツです♪



作業 12時間



凹凸のディテールをモデリングしています。

凹は0.2㎜程度、凸は0.4㎜を目安に

ディテールアップ~


形状&素材によりますが、

それより細かいデータは再現されず、

表面が荒れるだけです



作業 15時間



データを合わせてみて

フォルムチェック♪


またディテールの精度も

全体でバランスが取れるよう見直します。



エラーチェック



節々でチェックをしてきたので、

この状態でもエラーは数か所ですね。


運が悪いと、ここからの方が

かえって時間がかかってしまう事もあります~




完成~♪約18時間ほど



造形エリアの関係上、2データに分けて

複製工程を考慮して4パーツに分割しました。

もちろんSTLエラーは0個です!


デジモデは寸法で値段が決まったのですが、

DMMは体積で値段が決まるので

中抜きは必須です♪


サイズはそれぞれ8㎝位、

合せると手のひらには乗り切らないかな…

出来上がるのが楽しみです♪


関連ページ


 ・【3次元データの作り方】 ~ Sketchupでの3Dデータの作り方を公開しています。

 ・【3Dデータの補正】 ~ 3Dデータにエラーがある場合の修正方法の紹介です。

 ・【3Dプリンターって本当に簡単なの?2(3次元データ編)】 ~ 3Dデータ作成方法の概要です。

 ・【3Dデータ一覧】 ~ 当サイトのオリジナル3Dデータを公開しています。

 ・【3Dプリント造形品の積層面処理】 ~ ABSの表面をアセトン処理する方法を紹介しています。

 ・【3Dプリント造形品の表面処理】 ~ 造形品のやすり&塗装など後加工について紹介しています。

 ・【写真を3Dデータ化してみた】 ~ AutoDesk123Catchで写真を3Dデータ化してみたレビューです。。

 ・【粘土細工っぽい3D-CAD】 ~ 粘土細工のようにモデリング出来る3D-CAD「Scruptris」を使ってみたレビューです。

 ・【ハンディー3Dスキャナ3D SENSEを使ってみた】 ~ 家庭用3DスキャナSENSEの使用レビューです。



「102 3Dデータの作成例(サンピエトロ聖堂のモデリング)」は以上です。


authored by