009 ジオラマベースの作り方②


<

情景模型は自然の汚れをリアルに表現します。

ベースが汚いとただの「汚い作品」の様に見えてしまいます。

ベースはなるべく綺麗に仕上げたいものです。

- 2012/07/22:公開 -


設計


必要な材木の量を決める為に
最初に設計を行います

情景模型サイズに木材の太さを加味して
材木の量を決めます

各木材の端は斜め45度にカットしします

角材の底面を1cm程度トリムします
(ベニヤ板をはめるため)

ベニヤ板のサイズは 「情景模型本体の想定サイズ」 

+ 「四方に木材の太さ」ずつ追加となります



角材


強度は集成材で十分だと思います。

ジオラマベース様なので

さほど高価な板は必要ないと思います。


 私は入手が容易で安価なパイン集成材を良く使っています。


白っぽくて ステインの木目塗装

きれいに仕上がります。


太さはジオラマの大きさに応じて
1.5cm ~ 3.0cmの角材を使っています



トリム



ベニヤの角に面取りをします

見た目を綺麗にする為と
アクリルケースのはめ口にする為です。

面取りは「電動トリマー」という工具を使います。

安いモノだと2000円くらいからあります。

 周囲は「ぎんなん型」と呼ばれる形に面取りします。

額縁などでよく見る形です。

ベースの底板はめ込み様に内側もトリムします。

底板は2mmMDFを使用する事が多いので
φ3mmのストレートビットを使用しています。



カット



90度カットだと接着面が段差になって違和感が出るので

45度にカットしています。


切断角度の精度向上の為、ジグは自作です。


のこはなるべくきめ細かい方が良いです。

切断面の出来が全然違います。

お勧めは ゼットソーの8寸目がよいです。


 底板用のMDFはPカッターや通常のカッターでカットします。



やすり&仮組



 角材を組み合わせズレをチェックします

 ズレがあったら40~100番程度でやすりがけ
大きくずれた時は再度のこ引きのやり直しです。

 ベースに隙間があると
非常にチープな作品となってしまうので
ここは頑張りどころです

 どうしても隙間が埋まらないときは
石膏で埋めてしまいますが
後のステイン塗装の際
色合いに差が出てしまうので
注意が必要です。

 後で塗装(ステイン)が出来なくなってしまうので
パテ等は使用しない様にしています。



接着



 角材を木工用ボンドで接着します

 この状態で丸一日程度乾燥させます

 食器乾燥機で乾燥を促進すると
30分程度で次作業可能になります。



との粉


 塗装前の下地処理です。

とのことステインを混ぜたものを
ベース全体にしっかり刷り込みます

 乾燥後全体を
100番~180番程度の紙やすりで研磨します。

 とのこが木材の導管部分を埋めてくれるので
乾燥後のけば立ちを抑える事が出来ます。



塗装


 下地処理が完了したらステインで塗装します。

 塗膜系の塗料と違い
細かい木目に塗料が滲み込むので
木目が綺麗に引き立ちます。

 乾燥後、表面を250番~400番程度の
紙やすりで研磨します。

 好みの色になるまで
「塗装」→「ヤスリがけ」 を繰返します



仕上げ


 仕上げのニス塗りは

作品本体が完成してから行います。


 ※気温により失敗する事があるので
スプレーニスはあまり使いません。


 塗面が乾いたら再びやすりがけ(800~2000番程度)

 好みのつやになるまで

「塗装」→「ヤスリがけ」 を繰返して完成です♪


関連ページ


 ・【ジオラマベースの作り方】 ~ ぎんなん型トリマーで面取りするベースの作成方法です。

 ・【ネームプレートの作り方】 ~ ジオラマ用ネームプレートの作り方です。

 ・【ネームプレート取付】 ~ ネームプレートをベースに取り付ける方法の紹介です。



「09 ジオラマベースの作り方」は以上です。

<< 08 3Dプリンターとは? || 10 スジボリに挑戦 >>

authored by