001 ネームプレートの作り方



ジオラマのプレートは綺麗な真鍮板がおすすめです

凹部分は錆加工し、凸部分の金色の輝きとの美しいコントラストを表現できます

綺麗なプレートはジオラマ全体を非常に美しく引き立たせるので

こだわりたい部分です


完成写真



【材料】

真鍮板, Pless'n Peelシート


【道具】

Pカッター,レーザープリンタ,アイロン,

エッヂング液,ラッカーペン,マスキングテープ

IHヒーター,ガンブルー液,除光液,ピカール

研磨布,ラッカースプレー


真鍮板カット



真鍮板をPカッターでカットします。

薄いとチープな仕上がりになるし

厚過ぎるとカットが大変です。

0.5mmくらいが良いと思います

小さい傷がある場合は

この段階で800番くらいで

綺麗にしておきます。

デザイン



印刷する画像ファイルを作成し

反転します。

  ※アイロン転写時に反転される為

コントラストが高いほうが転写し易いので

画像は2色Gifが良いです。

一回で綺麗に転写するのは難しいので

失敗した時の為に複数印刷しておきます






印刷




レーザープリンタで pless n peelに印刷します。

※時々反転するのを忘れるので
ここで同時にチェックします

※トナーの固着温度によって
pless n peelとの相性があるようなので
事前に転写時のトナー温度を
確認した方がよいです

写真は白抜きのパターンと

どちらが良いか迷ったので

全部印刷しています


なるべく2~3枚はプリントするようにしています。


真鍮板に転写


アイロンで真鍮板に転写します。

ウチのアイロンでは
  押当時間は「高」設定で30秒程度です。

軽く添える程度で十分に加熱し

最後に一瞬押し付けるとうまく固着します。

押しつけすぎるとトナーが広がって

モールドがつぶれてしまいます。

転写に失敗した場合は

除光液またはやすり掛けして

再トライです。


マスキング



腐食させない個所は
マスキングテープで防腐します。

プレートは片面エッヂングなので
裏面はすべてテープを貼付します。

周囲も細くマスキングすると
綺麗にエッジングできます。

トナー転写が漏れた部分がある場合は
ラッカー系ペンで防腐します。

必要以上に防腐してしまった場合は
カッターやシャープペンの先で削ります。


エッチング準備



プレートを

棒状の物に貼付します(わりばし等)

金属は腐食してしまうので不可です

セロテープは溶けてはがれるので

マスキングテープがよいです

操作性の良い状態にしておくと

後工程が楽になります


エッチング

時々チェック



プラスチック容器にエッチング液を入れ
プレートを浸します。

容器は湯せんし40度前後に保温します。

※冬はIHヒーターで保温しています。

かなり臭うので換気を良くします。

時々水洗いし
真鍮の溶け具合をチェックします。

初めはなかなか腐食が進みませんが
いったん腐食が始まると
一気に溶け出しますので
まめにチェックします。

大体30分~2時間程度

※こちらのサイトで

非常に詳しい説明がありました。

⇒長井技研さんのサイト


 うまく彫刻できました

重曹で洗浄します。




十分に溶けたらされたら

重曹で洗浄し

腐食の進行をストップさせます。

重曹はキッチン用品屋さんで

200円程度で買えます。



【注意】

エッヂング後のエッジング液は

産業廃棄物となります。

上記リンクの

サンハヤト製以外を使用する場合は

事前に産業廃棄物の廃棄方法を

自治体等で確認の上作業して下さい。


つけた時

真っ黒に錆ました♪




水分を十分に切って

ガンブルー液に浸します

マスキングテープは剥がさずに浸します。

1分程度で真っ黒になりますので

エッジング部分が

十分に黒く錆びたら水で洗浄します。



錆の色は塗料と違って

有機溶剤で溶けたりしないので

次の工程で楽に作業が出来ます。




防腐膜の除去



マスキングテープを除去し

除光液に1分ほど浸します。

※アセトンがあれば尚可。


防食膜が柔らかくなるので

綿棒でトナーを落とします。

錆加工部分は

なるべく触らないように注意しながら

優しくなでます


逆に錆部分を黒ではなく

褪せた銅色にする場合は

黒い部分もこすります。




研磨





金属研磨剤(ピカール等)で

錆加工部分に触れないよう

綿棒を利用して研磨します

真鍮は磨けば磨くほど光るので

しつこく研磨しましょう


仕上げ



真鍮用磨き布やめがね拭きなどで

十分な光沢が出るまで研磨 します


2000番紙やすり

ピカール

めがね拭き

真鍮研磨専用布(100円ショップ)
など

輝きに満足したら完成です

関連ページ


 ・【ジオラマベースの作り方】 ~ ぎんなん型トリマーで面取りするベースの作成方法です。

 ・【ネームプレートの作り方】 ~ ジオラマ用ネームプレートの作り方です。

 ・【ネームプレート取付】 ~ ネームプレートをベースに取り付ける方法の紹介です。



「3Dプリンタを使ってみた」は以上です。

02 ベースの作り方(面取りなし) >>

authored by