Ⅴ.旅行記‎ > ‎

27 アフリカリゾートの旅(セイシェル)

アフリカンリゾートの旅 8歳セイシェル


2015/06/20 ~ 2015/06/28 9泊10日



マヘ島トラブル!

Expediaで予約していたホテルがいきなり予約ミス&満室!


予約確認書類のコピーを見せてもExpediaから聞いてないの一点張り!

ホテルのスタッフとのメールのやり取りコピーも見せて

数時間やりあった末、やっと近所のゲストハウスに宿をとる事が出来ました。


日本から17時間かけてアフリカまでやってきて、

いきなり子連れ野宿する羽目になりかけました…


アフリカ旅行の洗礼、恐るべし…

※7/14 カード会社、保険会社
セーシェル観光庁を巻き込んで交渉の末
2週間後に返金の連絡がありました♪

海外からお金を取り戻すのは
想像を絶する手間がかかりますので
ご注意ください~♪


※写真はセイシェルの第一印象を最悪のモノにしてくれた
ヴェッキーズ・ホリデーアパートメンツ



プララン島行フェリー

気を取り直して、翌日は首都のマヘ島から

ジャングル島のプララン島へフェリーで移動です。


45分の船便で約8000円という恐るべき値段~

もっと恐ろしいのはその揺れ

わずか45分で10人以上は吐いてました…


観光客はほとんど全員船酔いしていたように思えます。

このフェリーに乗る際は、とってもご注意ください…。



ラディーグ島 ゾウガメ公園

プララン島からさらに15分かけて隣のラディーグ島へ


ここはゾウガメ公園で有名なリュシオンという施設があります。

施設といってもゾウガメを沢山放し飼いにしているだけですが…


実はゾウガメを見るのは初めてなのですが、

案外人懐っこくて、草をもってホレホレーとやると

のそのそやってきて美味しそうに食べてくれます。

この島には天敵となる肉食動物がいないせいか、

全く警戒心がないようです。


子供の遊び相手には最適です♪。







ヴァレ・ド・メ自然保護区

巨人の谷(Valley de Mai)と呼ばれる

プララン島中央のジャングル地帯です。

隔絶された生態系と温暖な気候の為

熱帯植物が異常発達しているんだそうです。



とにかく、ここの植物は

シダにしろシュロにしろジャングル製の植物が大きくて

人間が小人にみえます~



実際歩いてみた感想ですが

ジュラシックパークの世界そのもの~



ここのヤシは樹齢数百年を超えるものも多く

800年を超えるものもあるとか…

う~ん、鎌倉時代から生えているわけか…



双子ヤシ

セイシェルのシンボル

双子ヤシ(ココデメール)です。


女性の臀部にそっくりで有名なヤシの種♪

なぜかセイシェルでしか育たないそうで

むかしのヨーロッパ人は

これが海岸に流れ着いたときにびっくり仰天したんだとか


ちなみに写真はヤシの「実」ではなく「種」でして

実はもっと大きいです♪

さすが巨人の谷~



民家のゾウガメ

プララン島は比較的観光地でない場所の

民宿に宿泊しました。


近所を散歩していると

民家の軒先でゾウガメを飼っていたので

遊ばせてもらいました。


日本の農家では軒先に鶏小屋なんかがありますが

セイシェルの民家ではゾウガメを飼育しているようです(笑)

食用かしら…?



プララン島空港
マヘ島行飛行機

フェリーの揺れがひどいので

帰りは贅沢して飛行機で飛ぶことにしました。

わずか15分のフライトで120ドル 高い~


プララン島の空港はウチのゲストハウスから徒歩15分の近さ

空港といっても空き地に200m位のなんちゃって滑走路があるだけの

のどかな雰囲気で

そこら中にトカゲが走ってます♪


飛行機は約20人乗りで満席

操縦士さんのすぐ後ろの席で

飛行機の操縦を見ながらのフライトという珍しい体験でした♪


操縦は慣れたもので離陸時のGが大の苦手な私でも

まったく不快に感じない上手な操縦で

快適に飛ぶ事が出来ました~♪




アブダビのモスク

今回はエディハド航空を利用したので、

帰りにアブダビで一泊しました。


灼熱の町とはうって変って

モスクの中は快適に冷房が効いています。

女性は入り口でブルカを借りて着なくてはいけないのですが、

強い日差しの下では意外と快適です。


ちょうどラマダン期間中にぶつかったのですが、

モスクの中には大量の飲料水と

ナツメヤシの実が準備してありました。

おそらく日没後にみんなで食べるんでしょう~


ラマダン明けも見たかったのですが、

フライト時間の関係上、またの機会の楽しみに致します♪



エディハド航空

今回はUAEのナショナルフラッグ エディハド航空を利用しました。

セイシェル往復6.5万円という破格の安さ!

設備・サービスとも同国のエミレーツ航空に引けを取らない

快適なキャリアでした♪


成田~アブダビ便は7か国語を対応可能だそうです。

ムスリムのスタッフは子供にいつもニコニコしてくれるので

個人的に大好きです♪



セイシェル航空

アブダビ~セイシェル間はエディハドと共同運航のセイシェル航空です。

アフリカの人は一見無愛想なのですが、

話しかけるとニコニコしてくれます。


アラブ人はあちらからニコニコ話しかけてくるのですが、

決して無愛想なわけではありません♪


特にセイシェル人は綺麗好きな人が多いようで、

道にごみが落ちていると誰ともなく拾って

綺麗にしていました♪

アジアではそんな国見たことないなぁ~





DAY


INFO

6/20~21
移動 成田→アブダビ→セイシェル

エディハド航空

成田(21:20)→アブダビ(翌4:35)

アブダビ8:35)→セイシェル(13:55)
※セイシェル航空共同運航便


6/21
マヘ島


ヴェッキーズ・ホリデーアパートメンツ ←トラブルで宿泊できず

??ゲストハウス


6/22
移動 マヘ島→プララン島

フェリー

マヘ島(7:00頃)→プララン島(8:00頃)
54ユーロ


6/22~25
プララン島


Villa Confort

6/25~26
移動 プララン島→アブダビ

フライト
プララン島(9:00頃)→マヘ島(9:15頃)
120ドル


エディハド航空
セイシェル(14:40)→アブダビ(19:10)

アル・ディアル・ミナ・ホテル


6/27
移動 アブダビ→成田


エディハド航空
アブダビ(20:05)→成田(翌13:15)





authored by