Ⅴ.旅行記‎ > ‎

24 カザフスタン・キルギス・ウズベキスタン(2012)

中央アジア・シルクロード横断の旅 5歳カザフ・キルギス・ウズベキ


2012/05/29 ~ 2012/06/9 11泊12日



アルマトイの「サイランバスターミナル」

【アルマトイからビシュケクへ】
- カザフスタン~ビシュケク国境越え -

カザフスタンのアルマトイから
キルギスのビシュケクまで
乗り合いバス(マルシュートカ)で
移動しました。

アルマトイ西部の
サイランバスターミナルで乗れます。

アルマトイ中心からバスターミナルまでは
タクシーで400テンゲ程
「アフトバス・バグザール」といえば
連れて行ってくれます。



ビシュケク行き マルシュルートカ



ビシュケク行きは
1番のマルシュルートカです。

ターミナルで「ビシュケク」といって
聞いて回れば
誰かが案内してくれます。

10人乗りで10分程度で満員になりました。

国境のコルダイまでは3時間程度。
途中でトイレ休憩を1度挟みました。

エアコン無し、窓は開かない
ので暑さ対策は必須です。


キルギス側国境



国境では写真撮影は不可です。
撮ろうとして警官に怒られました。
※左の写真はギリギリセーフの距離です。



カザフスタンの出国は大行列でしたが
子供がいるので先に入れてくれました。
子供に親切な人が多いです。

それでも出国には1時間程度かかりました。
ちなみにキルギス入国は5分で済みました。


キルギス側乗り合いバス



キルギス入国後は
マルシュルートカを乗り換えて
ビシュケクへ向かいます。

ビシュケクまで30分程度。
ビシュケクのバスターミナルで
カザフスタンテンゲを
キルギスツムに両替して
キルギスの旅へ

※当然日本円は両替できません~




ブハラの象徴 カラーンモスク



【古都ブハラと人々】

ブハラはイスラムの雰囲気たっぷりの
美しい町です。
中世にタイムスリップした気分でした。

旧ソ連の
お役所的な雰囲気は全くなく
人は素朴で町並みは
アラビアンナイトの絵本の様でした。


ブハラの家族とうちの娘


お土産やさんのお爺さんとわんぱくなジャスミン


ブハラの赤ちゃんとお母さん





うちの娘はジャスミン
(映画アラジンのヒロイン)
の衣装で観光しました

地元の人が珍しがって
たくさん写真を撮られました

こちらもその様子を写真に取りました
そんなコミュニケーションも
思い出深いものです


この町は猫が多いので
うちの娘は世界遺産そっちのけで
猫と戯れる旅でした

親としては複雑な気分ですが
ご機嫌だったので
まぁ良いかといったところです

でも、帰国後ちゃんと
「モスクの絵」を描いてくれました
見ているところは見ているんですねぇ
子供って



ヌラタにあるアレクサンダー大王砦跡


【キジルクム砂漠の遊牧民住居】

ヌラタは地方の集落といった感じで   素朴な所です。

  暑さがピークで階段を上るのは一苦労でした。


ユルタ(遊牧民住居)へ到着


遊牧民の住居(ユルタ)へ宿泊しました
※モンゴル語で「ゲル」、
中国語で「包(パオ)」

ブハラ発~ユルタ宿泊~サマルカンド着
の2泊3日のツアーを
シルクツアーさんにお願いしました



ユルタの内部


****ちなみにこのツアー内容ですが****
①ブハラ送迎 ②サマルカンドへ送迎
③ユルタ2泊④その他(食事・体験ラクダ等)
で一人14500円程


朝9:00にブハラへお迎え
11:30頃ヌラタの町へ到着&観光

ヌラタのアレクサンダー大王の砦跡を
30分程度観光

お土産ものを吹っかけられる事もなく、
安心して買い物できました

レストランでプロフのランチ後少々休憩
暑さが和らいでから再出発
ヌラタからユルタへは30分程度




日中は50度を超える暑さ


あまりの暑さに到着後10分で
娘が鼻血を・・・

気温を測ると50度の温度計を振り切って
測定不能でした!

ちなみに日陰(ユルタ内部)で36度
昼寝どころでありません



亀のマーシャは人が来ると着いてきます


設備は意外と整っていて
水シャワー&トイレもありました










人懐っこい亀のマーシャが飼われていました
餌をせびりに人着いてきます
人についてくる亀は初めて見ました




夕方はラクダで散歩


夕方涼しくなってからラクダに乗りました
30分程度砂漠のお散歩です
幸い娘が怖がらなかったので
ラクダと沢山戯れることが出来ました

ラクダのフンには
フンコロガシが沢山あつまっていて
ファーブル昆虫記の気分です



夜は馬頭琴のコンサート


夜は遊牧民の親子が来て
馬頭琴(?)の生演奏&
キャンプファイヤーでした

とても充実したツアーでしたが、
娘の体調が心配なので
2泊3日のツアーを1泊2日で
(無理いって)切り上げてもらいました

シルクツアーさん、ご迷惑をおかけしました



レギスタン広場



【東洋の真珠 サマルカンド】

旅のハイライトは「東洋の真珠」と言われた
古都サマルカンドです

観光地だけあってインフラも充実していて
非常にすごしやすい町でした

思っていたより英語が通じる人が多く
たまに片言の日本語を話す人もいました



ブルーが美しいミナレット



あいかわらずジャスミンの娘は
注目の的でしたが、
ブハラのように写真を頼まれる事は
ありませんでした

サマルカンドの方がちょっぴり都会なんですね



アラジンの衣装で記念撮影



レギスタン広場の警官が
内緒でミナレット(塔)に登らせてくれるというので
着いていってみたのですが
チップを1万円よこせと言い出しました

インドのぼったくり客引きみたいですね
うるさいので4000スム(約120円)だけ渡して
さっさと去りました




ティムール像



そんなどうでもいい事はともかく
レギスタン広場はすばらしい光景でした
ぜひともジオラマ化したいと思います

ブハラの田舎さ、石壁の素朴な町並みと
サマルカンドのモダンな都会さ、
青いタイルの美しいモスク(メドレセ)
それぞれ楽しい町でした

ここでもうちの娘は
世界遺産には興味ないようでした
ともあれ、写真だけは撮らせてもらいましたけどね

旅行後、「もう一回行こう」とお願いされました
将来、「恋人が出来たら一緒に行こうね」と
かわしました
気楽に言ってくれるものです・・・

というわけで
将来一緒に中央アジアを
旅行してくれる彼氏を
募集中の様です



1/220 サマルカンド



2012年の夏の思い出
サマルカンドの模型が遂に完成しました。
(2013/03/28) 詳しくはこちら




authored by