Ⅴ.旅行記‎ > ‎

04 トルコ・シリア・ヨルダン・イスラエル・エジプト(1995)

エジプトと中東横断の旅 トルコ・シリア・ヨルダン・イスラエル・エジプト



95/02/05~95/03/14 36泊37日



ブルーモスク

イスタンブール 観光の目玉ブルーモスクです

このモスクの目の前に宿をとったので
朝一番で散歩しました

朝にモスクをおとづれると
アザーンのお祈り風景を見られます

ところで、ドラゴンボールのピラフ大王の居城は
これにそっくりですね

いつか模型化したい
素晴らしい建築のひとつです



イスタンブールの夕日

イスタンブールは移動に苦労しました

バスの時刻表があてにならず
待ちぼうけていると雪が降ってきました

ビザを取りにシリア大使館に行くだけで半日かかり
(在トルコ) シリア大使館は英語が通じません

今考えれば無謀な旅でした・・・

でもガラダ塔から見る
イスタンブールの夕陽はきれいでした



カッパドキアの奇怪岩

台湾でも「奇怪岩」というのがありましたが
こちらの方がスケールが大きいですね

ギョレメという町が拠点となるのですが、
夜にバスで着いてしまい
宿が見つからず大変でした

このへんはデリンクユの地下都市なども近く
観光にはお勧めの地域です

漫画「天は赤い河のほとり」外伝にも
出てきました

いつかハットゥシャまで行ってみたいなぁ

⇒allabout カッパドキア



アレッポのモスク

シリア北部アレッポの町のモスクです。

アレッポ城の近くにあります

トルコ南部のアンタクヤから バスで国境を越えました

シリアの通貨がなくて大変でした
日本人は珍しいのか
単に写真に写りたいのか
写真を撮ろうとすると
子供たちがたくさん寄ってきます

こういう町を旅するのが
個人旅行の醍醐味ですね


パルミラ遺跡

「アラブの3P」と言われる(そうです)

シリアのパルミラ遺跡です

素晴らしい遺跡なのですが
カメラが壊れてしまい
フィルムが感光して
写真がダメになってしまいました

いつかもう一度訪問したいところです

シリアの政情が早戻るとよいのですが
⇒allabout パルミラ



ボスラー遺跡

古代ローマ帝国の跡地、ボスラ遺跡です

写真は2000年前に建てられた
ステージだそうです

ここの音響効果が非常に計画的に作られていて
声が非常によく通ります

昔はここでコンサートをやったりしたのでしょうか

ボスラ遺跡付近には
お店等がぜんぜんありませんでした

飲み水等は町で買ってから
行くことをお勧めします

⇒ボスラを旅された方の写真



ペトラ遺跡(エルカズネ)

私のおすすめ「ぺトラ」です。

足かけ5年かけて模型化しました

アンマンからペトラ行きのバスに乗ったのに
なぜかアカバという町に着きました

※ぜんぜん方角が違います

アンマンまでもどって
バス会社と大げんかとなりました

地名くらいはアラビア語も
読めるようにしておいた方がよいかもしれません

ペトラ遺跡はどんなに苦労しても
訪れる価値は十分にあります

映画「インディージョーンズ 最後の聖戦
のロケに使われているので
ご興味がある方はぜひ見てみて下さい

⇒ペトラを旅行された方のサイト



ペトラ遺跡(エドディル)

エルカズネからさらに1時間弱
上ったところにある「エドディル」です

大きさはエルカズネを凌ぐ
迫力のある建築です

近くをベドウィンのおばちゃんが
歩いていたので
「写真撮っていい?」と聞くと
1ディナール」と言われてしまい止めました。

(覚めますねぇこういう会話・・・)

ヨルダンは総じて物価は高いです

ほとんど毎日ケバブ生活をしておりました



エルサレム

ホーチミンから中部のダナンまで
旧約聖書の時代から
良くも悪くも紛争と歴史の
舞台となってきたエルサレムです。

イスラム教キリスト教ユダヤ教 3つの宗教の聖地となっており
紛争がいまだに絶えません

エルサレムのお店は5時になると
頑丈なシャッターを締め切ります

なので夕方にはゴーストタウンと化します

シャッターにはたまに弾痕が
残っていたりもします

旅の際は周りの空気を読むようご注意ください

⇒エルサレムについて



聖墳墓教会(旧ゴルゴダの丘)

新約聖書でキリストが処刑された場所です

現在は聖墳墓教会という教会が建っており
信者の列が長く続いています

写真を撮るのもはばかれる雰囲気でしたが
特に禁止されていなかったので
取ってしまいました

旧市街の中でも特に入り組んだ所にあります

訪問する際は地図をお忘れなく



死海

何でも水に浮くことで有名な「死海」です

ここは塩分が濃いため魚がおらず
比重が高いためよく水に浮きます

3月は寒くて水には入れませんでした

白人のおじちゃんは
がんばって浮いていましたが
寒さに強いのでしょうか…

私は 死海 → マサダエリコとまわる
現地ツアーで訪問しました

⇒allabout 死海



アブシンベル大神殿

おなじみ「アブシンベル大神殿」です

こちらも 足かけ5年かけて模型化しました

エジプト南部のアスワンまでも遠いのですが
そこからさらに車で5時間かかります

でも苦労に見合う価値はあります

隣の小神殿に上れるので
そこから見る大神殿は格別でした

⇒アブシンベルを旅行された方のサイト



王家の墓

ルクソールが観光の町が拠点となります

お金をケチって自転車で向かいました

が、途中から片道2時間の山道を
歩く羽目になりました

体力のあり余る若者以外は
素直にバスで行く事をお勧めします

墳墓内の壁画はそれそれとても美しいです

予習してから訪問すればよかったと
少々後悔しております



ハトシェプスト葬祭殿

王家の谷の端っこにある葬祭殿です

97年には外国人観光客を狙った
無差別テロがありました

事件の記事を見たときはぞっとしました

ここで狙われたら
はっきりいって逃げようがありません



アブシンベル大神殿

今回の旅行のメインピラミッド観光です

町からバスで行くのですが
次第にピラミッドが見えてくるのは感動します

写真は砂漠しか映ってませんが
ギザの街は実は大都会です

生まれて初めてラクダに乗りました

ラクダ使いとの交渉以外は
素晴らしい体験でした




authored by