Ⅴ.旅行記‎ > ‎

01 タイ(1994)

94/03/16~94/03/28 9泊10日
 

 バンコク観光の中心ワットプラケオです

入ろうとしたら
止められて別室に呼ばれました

短パンでの入場はだめだそうです
ボロズボン(有料!!)に着替えるよう言われました

これ以降、お寺やモスクへ入る際は
ドレスコードを事前に確認する癖がつきました

隣は政府関係の建物で
最初まちがえて入ろうとして怒られました

失敗ばかりで
海外は難しいと一人悩んでいました

 ワットプラケオの黄金象


海外は初めてなので
何でも珍しく写真に撮りまくっていました


当時は「もう一生これない!」
と考えていました

が、このあとバンコクは6回も
お邪魔しております

写真はワットプラケオ内のハヌマーン象です


このワットの出口近くに喫茶店があります

ここで飲む冷えたココナツジュースは格別です




三島由紀夫の小説「暁の寺」で
有名なワットアルンです

チャオプラヤー川を渡し船で越えて行きます
たまにぼったくりに会う人がいました

今ではどうなんだろう…


近くの電気屋さんで
日本製の冷蔵庫を売っていて感動しました

今にして思えば
珍しくない事なんですけどね


 
 
プーケットのコテージ



バンコクからスラタニまで汽車で行きました
夜行なのに寝台が取れず
木のイスに徹夜で乗る羽目に・・・

写真はプーケットで止まったコテージです

一泊500円程度だったと思います
ビーチに近くてここちよいコテージでした


プーケットでは地元の若者と
プールバーで盛り上がりました

海外ではビリヤードができると便利です
ちなみにエイトボールが多いです

スキューバダイビング



プーケットでPADIのライセンスを取得しました
3日間で4万円程度でした

地球の歩き方で
日本人のインストラクターがいると
紹介されていたショップです


私はカナヅチなのですが
一応ライセンスを頂けました
 結構いい加減なものです

スキューバのライセンスは
この後いろいろな国で役立ちました