Ⅲ.作品集‎ > ‎

61 A ma fille

A ma fille -最愛の娘-


幼い娘を持つ父親の心情をザクⅡを使用して表現しました。

戦地でも肌身離さず持っていた娘の写真を

傷ついた兵士が見ているシーンと

幸せな思い出が浮かぶ背景のコントラストがポイントです。





全体図です。
洞窟の奥深くで傷ついたザクが横たわっています。
ベースは木製、プレートは真鍮板をエッジングして製作しました。





側面図です。
横たわるザクの向こうに負傷兵の回想がかすかに見えます。
回想シーンの光を強調する為に部分的に屋根を作り
 光の強弱をコントロールしています。





無念さをにじませながら横たわるザクの表情。

モノアイは透明プラ棒で製作
 モノアイ周りの錆塗装で無念さを表現しました。





ザクの手のひらの上で
負傷したパイロットが娘の写真を眺めるシーンです。

プライザーの1/160を改造
ヘルメットはエポパテでスクラッチです。





同じく負傷したパイロットの奥で
写真のシーンがおぼろげに浮かび上がっています。

写真はLEDが点灯している状態
約5秒おきにゆっくりと点滅を繰り返し
兵士の弱った状態を象徴しています。





 足部は0.3mm真鍮線と0.5mmスチールボールで
ディーテルアップ
全体にマットな質感に仕上げたので
 アクセントとして金属パーツを付与しました。





コクピットから自力で脱出した負傷兵です。

写真では分かりにくいですが
 写真を見てかすかな笑顔を見せる表情に
 塗装しています。





貼付したガンダムデカールを適度に削り、
ダメージ表現はほどほどにチッピングを施しました。

湿気の多い場所なので、
だんだん錆が浸食してくるタイミングの想定です。





洞窟の岸壁はコルク樹皮にターフで製作

湿った苔と乾燥した苔を塗装で塗り分けています。





洞窟のぬかるみはデブコンETとターフで表現しました。

洞窟の奥地という想定なので、
透き通った水たまりのいめーじです。





タミヤ1/35兵士を改造して作成したジオン将兵を、
更に透明レジンでキャスト
デブコンETで製作しましたが
 気泡なしに抜けるまでかなり苦労しました。





娘はプライザー製のフィギュアを改造
モデルはもちろんうちの娘です。
 服は娘のお気に入りの服をエポパテで作成しました。







authored by Google+